スタッフBLOG

staff blog

2017.11.20更新

 コンタクトレンズの長時間使用や、睡眠不足、

パソコン作業が長く続く方など、

目の疲れを感じていませんか?hun

疲れ目は肩こりや頭痛など、全身の不調を引き起こしてしまいます。

外界の情報の約70~80パーセントを目を通じて得ているといわれています。

全身の健康を保つためにも、疲れ目予防したいですね!!glitter3

 

疲れ目の原因は様々です。

先ほど、コンタクトレンズや睡眠不足、パソコン作業などを挙げましたが、

他にも原因はあります。

・食事の栄養バランスが取れていない→目の健康を保つうえでもバランスは大切です。

・アイメイク、アイライナーを目の際にひいている→アイメイクによって

 涙の蒸発や分泌腺の詰まりなどを引き起こす事もあります。

・暗いところで読書や携帯をみている→暗いところでははっきり見ようとしてピント調節を行う

 毛様体筋が緊張し続けます。

・エアコンがきいたところに長時間いる→空気を乾燥させ、ドライアイの可能性が。

いかがでしょうか?

自覚症状がなくても、普段何気ない生活の中で目に負担をかけていることがあるかもしれません。

予防とケアをしっかりしましょう!!

 

予防するために・・・

パソコン・携帯との付き合い方

画面と目の距離は40センチ以上離し、

使用中は椅子に深く腰掛け、背筋を伸ばして使用する。

また、適度に休憩をとって使用しましょう!

十分な睡眠を

目の疲れの原因にもなる、精神的ストレスの解消につながる睡眠。

良質な睡眠をとるために、寝る直前までのパソコンやスマホ操作は控えましょう。

部屋の明かりや空調管理を気を付ける

部屋の明かりは明るすぎても暗過ぎてもダメです。

間接照明やベッドライトだけで読書をする人もいますが、目の負担は大きく

疲れ目に繋がります。namida

空調は目に直接当たらないように気をつけましょう!

 

溜まった目の疲れをケアするには・・・

蒸しタオルで温める

まぶたの上に蒸しタオルをのせて、目の周りの血行を良くする事で

疲労物質を取り除きましょう!

血液循環も良くなるので、栄養素が各所に運ばれるようになります。

また、まつ毛の生え際にある油の分泌腺も温められる事で分泌が促進されるので、

涙の蒸発を防げます。

現在はアイマスクなど、たくさん販売されていますね!gya

有効に活用しましょう!精神的なリラックス効果も期待できます。

目のストレッチ

目を動かす事で緊張を和らげ、休息をとりましょう

両目をぎゅっと閉じてからパット大きく開いて、パチパチ瞬きをする。

左右交互にウインクする

上下左右に動かす

ぐるぐる回すなど、目のストレッチは大切です。

目薬などを利用し、潤いを与える

出来れば防腐剤や刺激物の入っていないものがよいでしょう。

目薬の容器がまぶたに触れると容器の先から細菌が入り、

点眼薬が汚染される可能性があるので気をつけましょう!

点眼した直後は、目を閉じて眼頭を軽くおさえましょう。

 

 

最近はテレビを見ても神奈川県座間の衝撃的なニュースばかり・・・

見ているのも辛くなりますよね・・・namida

無意識にテレビを見ている間も目は働いています!

目は替えがききません、

大事な目、しっかりいたわってあげましょうglitter

 

お問い合わせ ・ ご予約

AAメディカルエステ リジュブ

TEL :03-3585-5330 

お問い合わせはこちら

HP :http://www.medical-rejuve.com/

tiger

 

投稿者: AAメディカルエステティック リジュブ

2017.11.13更新

だんだんと寒い時期が近づいてきましたね。

空気の乾燥=お肌の乾燥が気になりますgan

美肌のためには1年中保湿が欠かせませんが、

特に乾燥する冬の時期は、さらにレベルの高い保湿アイテムを取り入れることも大切です。

そんな乾燥したこの時期にオススメなスキンケア商品をご紹介しますni

 

セレーハシートマスク

ユーグレナ(ミドリムシ)美容成分配合のシートマスクです。

保湿+紫外線ダメージをうけた肌の修復+コラーゲン生成促進

と、保湿だけのシートマスクとは違って嬉しい作用がたくさんあります!!

毎日お使いいただいてももちろんOKですが、

週に1回の使用でも十分お肌の乾燥対策になりますよclover

ぜひお試しくださいihi

 

STIナノスフィア スキンケアシリーズ

クリニック専売品ですので、医療機関でしか取扱いがございません。

厳選した美容成分をナノカプセル化する事で、お肌にじっくりと

浸透させることが可能になったスキンケアシリーズです。

水溶性ビタミンC、両親媒性ビタミンC、脂溶性ビタミンCや、

水溶性ビタミンEなど、それぞれの用途にあわせて配合されています。

 

アプチドローション(化粧水)

トロっとした保湿力の高いお化粧水です。両親媒性ビタミンC誘導体、水溶性ビタミンE誘導体配合。

シーキュレイ エマルジョン(乳液)

さらっとした肌なじみの良い乳液です。持続型脂溶性ビタミンC誘導体、水溶性ビタミンE誘導体配合。

CⅡEクリーム(クリーム)

こってりとした保湿クリーム。目元や口元などに部分使いでもOK。

両親媒性ビタミンC誘導体、水溶性ビタミンE誘導体配合。

モイストUVベース(日焼け止めクリーム)

ノンケミカル型ウォータープルーフ使用。両親媒性ビタミンC誘導体4種類配合。

 

以上4種類のご用意です。

個人的には、これからの時期にはCⅡEクリームが一押しですgya

お持ちのスキンケアに、1アイテムのプラスがおススメです!

 

 

D‐Moreコラーゲン美容液

ピュアオーガニックコラーゲンです。

お顔に薄いコラーゲン膜をつくり、24時間お肌を保護します。

お気に入りのお化粧水や美容液などを先に塗布してからコラーゲンをつける事により、

美容成分の水分蒸発を防ぎ、浸透効果を高めますstar

空中のアレルゲン物質からも保護してくれますので、空気の乾燥とともに飛んでくる

悪性物質からもお肌を守りますglitter3

翌朝、お肌がプルンとします!!nico

 

 

お肌に合わせたケアをする事で、老化をしにくい健康肌に近付きます。

気になる方はスタッフまでお気軽にお問い合わせくださいheart2

 

 

 お問い合わせ ・ ご予約

AAメディカルエステ リジュブ

TEL :03-3585-5330 

お問い合わせはこちら

HP :http://www.medical-rejuve.com/

 tiger

投稿者: AAメディカルエステティック リジュブ

2017.11.04更新

私たちの体の中には、亜鉛がありますni

驚かれる方もいらっしゃるかも知れませんが、

亜鉛は体内に必要なミネラルの一つなのです。

体内に含まれている量はごくわずかですが、

亜鉛がないと働くことができない酵素は、200種類にも及ぶのです!!

亜鉛について、ご紹介しますflower

 

亜鉛の働き

亜鉛は、様々な体内機能の維持には欠かせない、微量栄養素ミネラルの一つ。

中でも重要なことは、細胞の生まれ変わりに関わっている働きをしているということ。

新しい細胞を作り出すには、タンパク質合成や遺伝子情報転写したりすることが必要

なのですが、この働きを促進しているのが、亜鉛を含む酵素です。

そのため、亜鉛が不足するということは、子供の発育や身長の伸びの遅れ、

成人では肌のかさつきや爪の変形、脱毛、貧血や傷の修復の悪さなど、

様々な症状を引き起こします。

亜鉛は、味を感じる下の味蕾を作る働きもしています。

「味を感じない」という方は、亜鉛不足かもしれません。

また、免疫機能にも関わっているため、不足すると風邪などの感染症にかかりやすくなります

 

亜鉛は欠乏しやすい

亜鉛は体内様々なところで活躍するため、消費されやすく、欠乏しやすいミネラルです

慢性肝炎や糖尿病、腎臓病を患っている人、食べ物の好き嫌いが激しい人、無理なダイエットを

している人などは亜鉛不足になりやすいので注意が必要です。

また、現代は亜鉛の排泄を促進する食品添加物が増え、

亜鉛の少ないパンなどを食べることが増えてきたことも亜鉛不足の原因と言われていますnamida

 

亜鉛を多く含む食品

牡蠣、牛肉、ホタテ、カシューナッツ、たらこなどは、亜鉛を多く含んでいます

1日の推奨量は、男性10mg、女性8mg、妊婦10mg、授乳婦11mgとなっています。

積極的に摂取することが大切ですね!!

 

低亜鉛血症

血中の亜鉛濃度が基準値よりも少ない場合、低亜鉛血症(亜鉛欠乏症)

と診断されることがあります。

不安な場合は、一度ドクターに相談してみてはいかがでしょうか?nico

亜鉛のサプリメントや、気軽にできる検査もございます。

不足になる前に、食生活を見直してみましょうihi

 

 おとい合わせ ・ ご予約

AAメディカルエステ リジュブ

TEL :03-3585-5330 

お問い合わせはこちら

HP :http://www.medical-rejuve.com/

tiger

 

投稿者: AAメディカルエステティック リジュブ

電話番号:03-3585-5330
10:00~19:00(日曜・祝日 定休) 予約・お問い合わせはコチラから/Reservation

PageTop