スタッフBLOG

staff blog

2015.05.22更新

綺麗でさらさらとした髪は、清潔感もあり美しいですよねihi

 

 

日々のヘアケア製品の選び方や使い方で頭皮のダメージや髪へ与える刺激は変わります。

お顔と同じく、髪、頭皮も適切なケアがしたいですねglitter

髪が受けるブラッシングやドライヤーのダメージはとても大きいものですen

日本人の髪の太さは、0.08~0.15mmです。

髪の毛の1番外にあるキューティクルは、タンパク質が硬くウロコ状になっている部分で、

ブラッシングやドラーやーでダメージを受けてはがれやすいのです。

キューティクルが剥がれてしまうと、その内側にまでダメージが・・・tears

髪の弾力性や太さが無くなり、細く、枝毛、切れ毛が増えてしまうのです。

髪、頭皮に負担のかからないケアをしましょうflower

 

★爪を立てずに泡立てて洗浄力をアップさせる★

泡で洗うという事は、髪や頭皮にとっても重要なポイントです。

お顔と同じですねheart3

泡立てる事で、密着力が上がり、皮膚の汚れや皮脂も取り除いてくれます

泡で髪を包みこむように洗浄しましょうflower2

 

★コンディショナー、スタイリング剤は頭皮につけない★

コンディショナーは、髪につやを与え、指通りを良くする目的で行います。

なので、頭皮には必要が無いのです。

スタイリング剤も同じく、頭皮には必要ありません。

油分が多く、地肌につくと毛包に油分が詰まってしまい酸化し、

抜け毛や薄毛の原因にもなる可能性がgan

すすぎもしっかりしましょう!!!

 

★リンスインシャンプーは避ける★

頭皮を洗浄する目的のシャンプーと、髪のツヤ、ハリ出しの目的のコンディショナー。

一緒になっているという事は、頭皮に残ってほしくない成分が残ってしまう可能性が高いということになります。

別々のものを使用することがおススメですglitter3

 

★シリコン製品★

シリコンと言われるものは、ヘア商品だけでなく、スキンケア、メイク商品などにも配合されています。

無害とされていますが、密着性が強いため、皮膚に吸着すると落ちにくく、トラブルを起こしやすくなります

しかし、髪に密着して水分が蒸発しないようにしてくれたり、ツヤやコシを与える役割もはたしていくれています

シリコン入りのコンディショナーを、頭皮につけないようにするのがポイントですnico

枝毛、切れ毛などが気にある場合に使用し、ダメージを感じない時は使用を控えるなど、

状態に合わせて選ぶことも大切です。

 

頭皮、髪もお顔のケアと同様。

しっかりケアする事で若々しい元気な髪が保てます!!

傷めないケアを心がけましょうgya

 

お問い合わせ ・ ご予約

AAメディカルエステ リジュブ

TEL :03-3585-5330 

お問い合わせはこちら

HP :http://www.medical-rejuve.com/

tiger

 

投稿者: AAメディカルエステティック リジュブ

電話番号:03-3585-5330
10:00~19:00(日曜・祝日 定休) 予約・お問い合わせはコチラから/Reservation

PageTop