スタッフBLOG

staff blog

2015.04.30更新

あたたかくなり、外で運動をするのが気持ちいい時期になりました。

何か運動をして体のシェイプアップや気分転換をするのはとてもいいことですが、

健康で長生きするために運動したいという場合には秘訣がありますglitter

 

健康で長生きするための運動の目安は、週に150分のエクササイズとされています。

この目安通りにエクササイズすると、早期の死亡率が30%減少したとのデータが出ています。

週に150分と聞くととても多いように感じますが、例えば1週間に5日、1日あたり30分行えば目安を達成出来る事になります。

ちなみに、エクササイズといってもジムでの筋肉運動ではなく、ウォーキング、ジョギング、水泳、エアロビクスなど有酸素運動です。

 

 

アメリカでエクササイズ量と寿命にはどのような関係があるかの研究が行われました。

その結果、健康を保って寿命を延ばすためには、毎日中度のエクササイズをすることがいいと分かりました。

寿命を延ばすという意味では、長時間激しいエクササイズをするのは特に効果がないことも分かりました。

 

そして早期の死亡率が一番高かったのは、全くエクササイズしない人だということが分かりましたuun

例え、体型は太っていなかったとしても、健康面で見ると体の中は健康ではないということです。

 

しかし、時間がないから週150分のエクササイズはむり・・・とあきらめないで下さいbibibi

目安に達しないエクササイズの量でも、早期の死亡率は約20%減少したというデータも出ていますni

時間を見つけてちょこちょこ散歩する、小さいお子さんがいてもベビーカーを押しながらウォーキングなど、

工夫次第で少しの運動は十分に出来ます。

 

ちなみに、一番健康で長生きするために必要なエクササイズの時間と方法は、1週間に450分程度のウォーキングで、

早期の死亡率は39%減少したそうです。例えば、週に5日、1日1.5時間に分散してウォーキングすればけしてできなくはない時間です。

仕事をしている場合は、朝と夜に分けるなど工夫して、1日1.5時間なら実現不可能ではありませんflag

 そして、逆にそれ以上はエクササイズしても効果は上がらなかったそうです。

 

健康と長生きのために最も効果的なエクササイズの時間と方法をご紹介しましたが、

その時間に達しなくても、エクササイズは身体が引き締って健康的になり、

精神面ではうつの予防になったり、ストレスの解消になったりとたくさんのいいことがありますgya

1駅前で降りて歩くだけでも立派な運動になります。難しく考えずに、毎日少しづつ取り入れるのがいいかもしれません。

 

それでも運動できないという方はリジュブで人気の「EMS」がお勧めです。

横になって複数のパットをつけているだけで、テニス1時間分と同じ運動量が得られます。

筋肉にも作用して、しなやかな身体にすることが出来ます。

詳しくはスタッフまでお声掛け下さいflower2

 

 

お問い合わせ ・ ご予約

AAメディカルエステ リジュブ

TEL :03-3585-5330 

お問い合わせはこちら

HP :http://www.medical-rejuve.com/f

rabbit

 

投稿者: AAメディカルエステティック リジュブ

2015.04.27更新

今までダイエットや美容によいとされてきた半身浴ですが、

最近では肩まで浸かる全身浴の方がカロリー消費も多く、ダイエットに有効だと話題になっているそうですni

 

 

半身浴と全身浴の違いとは? 

37℃~40℃くらいの少し低めの湯船にじっくり長めに浸かる半身浴に対して、

全身浴は41℃~42℃くらいのやや高い温度の湯船に浸かる方法です。

長く入ると体の負担になってしまうので、入る時間は10分程度で充分で、

熱くて出たいと思ったら無理をしないですぐに出るのがポイントです。

 

半身浴の効果

湯船にじっくり浸かり体の芯からあたためることで、基礎代謝が上がり、冷え性の防止にもなります。

半身浴は心臓より下までしかお湯に浸からないので、心臓や肺に負担がかからないことも特徴です。

その反面、長く入らないといけないので、入浴に時間がかかることや、

寒い季節は身体が温まるまで上半身が寒いということが欠点といえます。

 

全身浴の効果

消費カロリーが多く、半身浴よりもダイエットに適しています。

例えば40℃のお湯に10分浸かると約40kcalを消費して、ウォーキング10分と同じくらいのカロリーを消費することができるのです。

温度が42℃なら更に消費カロリーも大きく、簡単な運動をするのと同じくらいの効果を期待できますihi

入浴時間が短時間でいいのも良い点です。

健康な人や若い人など、心臓や肺の負担を考える必要のない人なら、

全身浴を行ったほうが適度な水圧がかかって心肺機能が高まり、血行が良くなるというプラスの効果も得られます。

全身浴の効果を高めるには、お湯に浸かりながらウエストをひねる、足首を手で回すなど、マッサージやストレッチを行い、

より血行を促進させることです。

 

 

両方良い点がありますが、ゆっくりと時間をかけてお風呂の時間を楽しみたいときや、心臓の負担を減らしたいときは半身浴、

ダイエット効果を高めたいときや時間がないときには全身浴を行うのがいいですねnote2

時間に余裕があって体調もいいときなら全身浴の応用編として、休憩しながら全身浴を何回か繰り返す高温反復浴を行うと

更に消費カロリーが増えてダイエット効果が高まりますlight bulb

食べ過ぎた日は高温反復浴を行うなど、体調をみながら半身浴と全身浴をうまく使い分けましょうglitter

 

 

お問い合わせ ・ ご予約

AAメディカルエステ リジュブ

TEL :03-3585-5330 

お問い合わせはこちら

HP :http://www.medical-rejuve.com/

rabbit

 

投稿者: AAメディカルエステティック リジュブ

2015.04.25更新

エイジング対策でベストな方法は、一人ひとりの生活スタイルによってもかわってきますglitter

自身の生活で老化のペースは変えられます。

自分に合っているエイジング方を見つけ、実践していきましょう。

体、お顔それぞれのケアで共通する事は、体に良い物を食べて、規則正しい生活をする事ni

その他に意識をすると良いポイントを紹介いたします。

 

BODY

 

★姿勢、下半身強化で身体の軸を整える★

姿勢が悪くなると、骨盤の傾きや下半身のバランスが崩れます。

また、20代の頃などは、快適さよりもデザイン性重視の靴を選んだり、

身体に負荷をかける事が姿勢に影響します。

正しいストレッチや、スクワット、つま先立ちなどで姿勢を整える動きをしましょうgya

毎日続けられるエクササイズがおススメです。

 

★代謝が落ちて行くので食べる量にも注意★

代謝は加齢と共に低下していきますnamida

変わらない量を取っていても太りやすくなるのです。3~4日を1サイクルと考え、食事量を調節しましょう。

食べ過ぎ、飲み過ぎの後はプチ断食も良いですよmeal

 

★筋肉量の低下を防ぐ、セルライトやむくみケアをする★

筋肉量が低下すると、全身のたるみ、下半身のむくみなどの原因になります。

インナーマッスルを鍛え、脱おばさん体型しましょう!!gan

姿勢とも重要なかかわりがありますので、正しい姿勢を心がけ、

足をしっかり伸ばしてウォーキングする、スクワットするなど、筋肉量にも注意をしましょうihi

セルライトやむくみは蓄積せずにマッサージなどでケアしましょう!

EMSも良いですよflower2

 

★保湿をする★

乾燥はお顔だけではありません。体も同じように乾燥します。

乾燥するとシワやたるみの原因となり、皮膚の肌荒れ導きます。

入浴後5分以内が勝負!!水分蒸発を防ぐために、保湿を念入りに行いましょう!!!

 

 

FACE

 

★毛穴やニキビ跡のケアをして土台をしっかり作る★

毛穴の開きやニキビ跡はしっかり改善して、加齢にまけない肌を作っておくことが大切。

リジュブではフラクショナルレーザー水光注射ハイドラフェイシャルなど、

お肌の悩みに合わせて改善できる施療がありますheart3

 

★20代でボトックスもあり★

眉間のしわや額のしわなど、「少し気になっている」くらいのうちにケアをgya

深いシワになる前に、ボトックスでシワを抑制することもおススメです。

 

★紫外線対策の徹底、保湿をかかさない★

紫外線は老化の大きな原因に。

日焼け止めの習慣化を心がけましょうexplosion

乾燥はシワをうみ、シワは老けて見える大きな原因に。

ちりめんジワが深くなる前に水分をたっぷり与え、潤いのある肌を作っておく事が重要です。

乾燥肌にはWHAAPトリートメントが最適ですheart

 

★レーザーで肝斑やシミ、しわ治療をする★

YAGレーザートーニングレーザーなど、肝斑、シミなどの老化を感じさせる肌を

改善させる事も大切です。

レーザーに抵抗が。。。と思われる方は、ドクター処方の塗り薬やお化粧品も御座いますので、

日々のケアをすることをおススメしますnico

 

★適度なマッサージでむくみ予防、表情筋ストレッチ★

たるみなどの予防には、筋力アップし老廃物を流すケアをする事が大切

スチーマーや、マッサージクリームなどを使い、極力お肌に摩擦負担がかからないように

気をつけながら、たるみ対策対策をしましょう!

お風呂の中でお顔のストレッチなどもおススメですnote

 

年齢に負けない健康的で美しいBODY、FACEを目指しましょう!!!gya

 

 

お問い合わせ ・ ご予約

AAメディカルエステ リジュブ

TEL :03-3585-5330 

お問い合わせはこちら

HP :http://www.medical-rejuve.com/

tiger

 

投稿者: AAメディカルエステティック リジュブ

2015.04.17更新

 

 

人の体脂肪は見た目の体型とは関係ないので、身体が大きくても筋肉が多いと体脂肪が少なく、

そんなに太っているように見えなくても、筋肉が少なく、内臓脂肪が多いと体脂肪も多いという結果になります。

肥満かどうかのバロメーターは体脂肪にあります。

 

体脂肪を落とすにはもちろん運動や食事が重要になってきます。

運動はなかなか時間が作れない方も多いとお思いますが、食事なら今日から取り入れることができます。

すぐに取り入れられる体脂肪を減らす食事のポイントをご紹介しますnico

 

 

・和食中心のバランス良い食事で筋肉量を増やす

痩せ体質になるためには筋肉を増やして代謝を上げることが重要です。

そのためには1日3食の規則正しい食生活を送ることが、当たり前ですが大切になってきます。

炭水化物、タンパク質、脂質のバランスが良い食事内容にし、出来れば和食にしましょう。

世界的に見て日本人の体脂肪率が低めなのは、和食のおかげと言われていますが、

食の多様化により和食ばかり毎日摂る人は少なくなり、肥満が増えています。

筋肉量を上げて体脂肪率を下げるには和食がぴったりなのです。

太ると思われがちな白米も、血糖値を安定させてインシュリンを抑えてくれる作用があるので、

過度に摂取しなければ脂肪を落とせ、ダイエットに効果的です。

食事に積極的に取り入れたい食材は、低カロリーで食物繊維が豊富な、海藻、こんにゃく、きのこなどです。

 

・食事前に牛乳・豆乳を飲む

食事前に牛乳や豆乳を飲むと、その後の食事の満腹感が得られやすくなり、食べ過ぎ防止になります。

最近では豆乳も種類が豊富ですが、味付きの甘い豆乳は糖分が高い場合があり、血糖値を急激に上げてしまう可能性もあるので逆効果です。

なるべく甘くない、無調整のものがおすすめです。

 

・サラダにはブロッコリーを

出来れば毎回の食事に取り入れたいサラダは、食物繊維が豊富で、余計な脂肪の吸収を抑えることもできます。

更に、野菜は低カロリーなのに意外と腹持ちもいいので、いいことづくめです。

その中でもお勧めの食材がブロッコリーです。ブロッコリーは栄養価も高く、食べごたえもあるので、満足感があるサラダになります。

また、ブロッコリーの成分により脂肪の燃焼を助ける作用も期待できます。

 

・炭水化物を完全になくさない

炭水化物や糖質は、たくさん摂取するのはもちろん太る原因になりますが、過度の制限は脂肪燃焼を止めてしまいます

ある程度の制限はダイエットに効果的ですが、完全に摂らないというような極端な食事制限はやめましょう。

先ほどご紹介したように、炭水化物の中でも白米は適量ならダイエット効果があるとされています。

パンやパスタなどは油分も多いので、なるべく白米を選びましょう。

 

食事の少しの工夫で体脂肪が減りやすい体質になることができます。

できることから取り入れてみましょうihiheart3

 

 

お問い合わせ ・ ご予約

AAメディカルエステ リジュブ

TEL :03-3585-5330 

お問い合わせはこちら

HP :http://www.medical-rejuve.com/

rabbit

 

投稿者: AAメディカルエステティック リジュブ

2015.04.17更新

「ココナッツオイルダイエット」

聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか?

今話題のダイエット法ですねheart3

ココナッツオイルで痩せる体質になる仕組み、より良い摂取方法などをご紹介いたしますni

 

 

私たちの身体は、ブドウ糖をエネルギー源として使用します。

糖質を多く含んでいるご飯やパン、麺などの炭水化物を摂っていると、血液中のブドウ糖が使われ、

体内の脂肪燃焼スイッチはなかなか入らないのです。

そしてブドウ糖が減ると、食欲が生じるというサイクルになってしまいますnamida

 

ブドウ糖を欲し、脂肪がつきやすくなる、減りにくいというよくないシステムを

切り替える役割を果たしてくれるのが、

ココナッツオイルです!!!

 

ココナッツオイルを取ると・・・「ケトン体」の合成がされる!!!

脂肪を燃焼してやせ体質へ導く「ケトン体」が、ココナッツオイルを取ることで合成されます。

糖分解によって作られたエネルギーではなく、脂肪を分解して作られたエネルギーを使うことになるので、

ケトン体が合成されると、体内では脂肪が燃焼されるようになります!!

 

ココナッツオイルの上手な摂取方法

糖質を控えることがポイントです。

糖を制限したときにも体内の脂肪が分解されてエネルギーに変わるといわれているためです。

なるべく糖質を控え、ココナッツオイルを摂取すると良いですねflower2

 

朝食

朝食でココナッツオイルを取る事がポイントです!!

朝にココナッツオイルを取ると、3時間ほどで血中のケトン体の濃度が上がります。

12時近くまでお腹が減りにくい感覚になりますよnico

砂糖や糖質は我慢しましょうcake

コーヒーや紅茶に大さじ1杯がおススメですcoffee

 

昼食

糖質カットでさらにケトン体が合成されます

野菜の他に、肉、卵、豆腐などたっぷり摂りましょう。

サラダのドレッシングなどで取り入れても良いですねflower

大さじ1杯が目安ですmeal

エスニック料理との相性が良いとも言われていますheart

もちろん料理時の油に使用してもいいですよnico

 

夕食

9時前までであれば、普通に摂取してOKです。

ご飯やパン、麺類もOKですが、食べる順番はなるべく最後にしましょうheart3

9時以降になる場合は、糖質摂取に気をつけましょうpue

腹八分目を目安にglitter

 

この生活を1週間ほど続けてみて、食欲をコントロールできるようになってきたらダイエット成功!!!

食欲が治まって、過度の食べ過ぎなども抑えられますglitter3

脂肪燃焼して、痩せやすい体質を目指しましょう!!!

 

 

お問い合わせ ・ ご予約

AAメディカルエステ リジュブ

TEL :03-3585-5330 

お問い合わせはこちら

HP :http://www.medical-rejuve.com/

tiger

 

投稿者: AAメディカルエステティック リジュブ

2015.04.16更新

 

 

人は自分の意志によって、食べるものや量を決めて日々食事をしていますが、

うまくコントロールできず食べ過ぎたり、身体に悪いものを選んでしまうのはなぜでしょうか?

食欲は体の本能、つまり脳と密接に関わっています。

 

人が食べ過ぎてしまうメカニズムとは?

 

 食欲は胃袋でなく脳によりコントロールされています。鍵となるのはドーパミンとセロトニンという2つの神経伝達物質です。

食事をするとドーパミンが分泌され、食欲を刺激します。

ドーパミンが分泌されると、少し食べただけでも余計にお腹がすくという現象が起きるので、

少し食べるつもりで開けたポテトチップスを結局全部食べてしまった・・・

あまりお腹がすいていなかったけど、少し食べたらもっと食べたくなってしまった・・・という事態が起こりますgan

逆に、セロトニンは脳の欲求を満たしてくれ、心を落ち着かせて、食欲も抑制します。

食欲を抑えるためにはドーパミンの分泌を抑えて、セロトニンを多く分泌させればよいのですが、

ストレスを受けるとドーパミンが過剰に分泌されセロトニンが減少してしまいます。

これにより、ストレスを強く受けている人は、食欲が刺激されイライラして過食しやすくなるのですen

 

そしてもう一つ、身体は必要としている栄養が足りていないと、満たされるまで要求するようになっています。

そのため、極端な食事制限などをしていると、反動で炭水化物ばかり食べてしまうような現象が起きます。

ダイエットに成功している人は、過酷なダイエットはせずに、体が本当にほしがっているものを意識して食事をしていますmeal

そうすることで、余計な食欲が治まり、栄養バランスもよくなり、自然と体型も整っていきます。

 

ストレスや栄養の偏りをなくすこと、暇だから、口寂しいからとお腹がすいていないのに食べないことが重要です。 

また、食欲から気をそらすために熱中できることをするとよいというのは、何かに熱中することでドーパミンが分泌するので、

食事に対しての過剰なドーパミンが分泌されないということになります。恋愛で痩せるのもこのためですheart3

 

食事を忘れるくらい何かに熱中することは、脳のメカニズムが関係していましたnico

春から新しい趣味を見つけたり、ウォーキングしてみたり、おしゃれをして外に出かけるだけでも食欲から気をそらせて

ドーパミンを分泌できるのではないでしょうか?できることからはじめてみませんかnote2

 

お問い合わせ ・ ご予約

AAメディカルエステ リジュブ

TEL :03-3585-5330 

お問い合わせはこちら

HP :http://www.medical-rejuve.com/

rabbit

 

投稿者: AAメディカルエステティック リジュブ

2015.04.14更新

 

むくみ=過剰に摂取した水分と思っている方がほとんどだと思いますが、身体がむくんだからといって体内の水分量が増えているわけではありません!!!

体内の水分の分布バランスが崩れ特定の部位に水分が過剰に溜まってしまった状態ですgan

むくみのメカニズム

人間の身体の60%は水分で占められていますが、通常そのうちの2/3は細胞の中の細胞内液、1/3が細胞外液として体内に存在しています。細胞外液の1/4が血液で3/4が細胞と細胞の間にある細胞間液になります。血液やリンパ管には小さい穴があいていて、そこから水分が出入りすることで、細胞の栄養を運んだり老廃物を流したりしています。しかし、重力の影響などで血管に圧がかかって溢れる水分量が増えたり、ずっと同じ姿勢を続けるなどして、筋肉のポンプ機能が効果的に働かずに戻る量が減ったりすると、水分分布のバランスが狂い、細胞間質液が増えてしまうのです。また、塩分の多い食事したときにも、体内の電解質濃度を一定に保つために、余分な水分を溜め込んでしまいむくみが生じてしまうのです。このような事を防ぐためには塩分の取り過ぎを控えたり、運動を心がければ普段の生活でも充分むくみは解消出来ます。

生理的なむくみであればほおっておいても特に問題はありませんが、むくみが気になる方にオススメな施術は↓

flower インディバ flower

インディバ

 

 

インディバとはスペインのインディバ社のホセ・カルベット博士の研究によって生まれた高周波温熱機です。元々は癌の治療機器と開発されたものだそうです。

インディバはお風呂やサウナなどのように身体表面を温める温熱療法ではなく、ジュール熱という分子を移動させて生じる摩擦熱を利用して身体の深部から温めることのできる加温療法です。効果としては基礎代謝が向上することにより身体の中から体質を改善するとともに、ホルモンバランスを整えたり、冷えやむくみの改善、内臓脂肪の燃焼や肩こりの緩和にも効果を発揮します。その他にも自律神経の調整や免疫力を高める効果があるとも言われています。

お顔にインディバをあてることで、細胞を活性化することによりお肌の新陳代謝も向上して、美肌、リフトアップ、むくみ解消など、美容効果もあります。

 即効性がある『インディバ』是非、一度お試しください。

 

お問い合わせ ・ ご予約

AAメディカルエステ リジュブ

TEL :03-3585-5330 

お問い合わせはこちら

HP :http://www.medical-rejuve.com/

 dog

投稿者: AAメディカルエステティック リジュブ

2015.04.11更新

身体に付いてなかなか取れない憎い脂肪は、どのような流れで身体に溜め込まれるのでしょうか?

意外と知らない脂肪がつくメカニズムについてご紹介しますlight bulb

 

食べものに含まれる植物性の油や動物性の脂(脂肪の元)が、胃で消化されて小腸へ入ります。

小腸で吸収された脂肪はタンパク質と結びついて血液に溶け込み、血管を通じて筋肉や肝臓など各組織へ送られて

通常はエネルギー源として利用されます。

しかし、大量の脂肪が体内に入ってくると、エネルギー源として利用しきれなかった余分な脂肪が、

皮膚の下や内臓の周りの脂肪細胞に体脂肪として溜め込まれますgan

体脂肪がつく部分によって、皮膚の下の皮下組織に付くと「皮下脂肪」

内蔵の周辺につくと「内臓脂肪」と呼ばれます。

 

内臓脂肪は臓器につくというイメージがありますが、そうではなくて、腸を適切な位置に維持するために小腸を覆っている腸間膜につくのです。

ですので、下腹がぽっこりしてきたら、内臓脂肪が増えてきた可能性があります。

内臓脂肪は皮下脂肪と比べてすぐにつきやすいですが、身体のエネルギーとして消費されやすいという特徴もあり、

つきやすいですが落としやすい脂肪と言えます。

 

 

 脂肪をつきにくくするには、何をいつ食べるかが重要になってきます。

 

・脂っこいもの、甘いものはなるべく避け、野菜・果物・豆類を積極的にとる

・同じカロリーのものなら脂質より食物繊維やタンパク質を豊富に含む食品を選ぶ 

・脂質の中なら青魚などに多く含まれるオメガ3脂肪酸(EPA・DHA)を摂る

・朝はエネルギー消費が活発で、夜はエネルギーを消費しにくいので、朝はしっかり食べて、夕食は脂質の多い食事を避け、軽めにする

遅い時間の夕食や間食は1日の消費カロリーが低下するので避ける

 

全部当たり前のことですが、なかなか実行に移すのは難しいものですun

冬の間についた脂肪は、身体に定着してしまう前に早めに落としましょうup arrow

 

リジュブ、赤坂AAクリニックでもダイエットのメニューやサプリメントをご用意しております。

ご自身で食事に気をつけていただくのにプラスして行うことで、より効果的に脂肪を落としていけます。

少しづつあたたかくなり、着る物も薄着になってきました。

より早く痩せたい方は一度ご相談下さいnihand

 

お問い合わせ ・ ご予約

AAメディカルエステ リジュブ

TEL :03-3585-5330 

お問い合わせはこちら

HP :http://www.medical-rejuve.com/

rabbit

 

投稿者: AAメディカルエステティック リジュブ

2015.04.10更新

日常生活で腰痛や体の疲れ、

だるさを感じているかたも多いのではないでしょうか?namida

体の中心にある腰は、日常生活を送る上で重要な場所ですheart3

身体の柔軟性を保ち、筋力アップする事で腰痛予防を心がけましょうglitter2

腰痛の予防をすることで様々な不調の予防に繋がり、若々しい体を目指しましょうnico

 

腰痛の原因

人の姿勢を維持している背骨は、24個の椎骨がつらなって

ゆるやかなS時カーブを描いています。

椎骨と椎骨の間には椎間板があって、クッションの役割を果たしています。

加齢、筋力の衰え

加齢や運動不足が原因で、背骨を支えている筋力が衰えてくると、

姿勢が乱れ、背骨のカーブも乱れ、椎骨や椎間板に負担がかかります。

されに神経が圧迫され、腰痛に繋がります。

体重増加や筋肉疲労なども負担になるといわれいます。

心理的ストレス

見えない腰痛とも言われ、骨や筋肉などの筋力の問題だけでなく、

心理ストレスなども原因となっておきる場合もあります。

腰痛で更にストレスが溜まり、悪循環に陥るケースもありますgan

 

腰痛には、ぎっくり腰や椎間板ヘルニア、骨粗鬆症、など様々な種類があり、

それぞれ原因も異なります。

しかし、全てにおいて機能の低下や心理ストレスで腰痛が起きて活動が低下すると、

体力低下、腰痛、疲労感と言った全体の不調の悪循環に陥りますen

 

 

腰痛予防し、若々しい体を維持改善するためには

★ストレスをためない

腰痛や体の不調は、ストレスもおおきいとされています。

ストレスが溜まった状態が続くと、自律神経が乱れ血行不良、筋肉の緊張などが起こります。

規則正しい生活や適度な運動、ストレス発散できる趣味などを見つけると良いですねheart

★栄養素をしっかり摂る

ビタミンB群や、鉄、亜鉛などのミネラル、タンパク質(アミノ酸)をしっかり摂りましょう。

筋肉の硬さは、ビタミン不足からも引き起こります。

赤みの肉などがおすすめ、サプリメントで補う事も良いでしょうmeal

★正しい姿勢を意識する

日頃の姿勢が悪いと、腰や骨に負担がかかってしまいます。

立つ→壁に背中とお尻を付けて立った時に、腰と壁の間に握りこぶし一つ分が入るようにする。

座る→椅子に深く腰掛け、顎を引いて背筋を伸ばす。

長時間同じ姿勢でいる事は腰痛の原因にもなります。

 

筋力アップには、EMSもおススメですよihi

EMSで寝ながら筋力アップ

 

お問い合わせ ・ ご予約

AAメディカルエステ リジュブ

TEL :03-3585-5330 

お問い合わせはこちら

HP :http://www.medical-rejuve.com/

tiger

 

投稿者: AAメディカルエステティック リジュブ

2015.04.04更新

むくみとは

 

むくみは、人の体内の水分バランスが崩れ、特定の部位に水分が過剰に溜まってしまっている状態。

 

血管やリンパ管からあふれた水分が皮下の細胞と細胞の間にある間質液になるのですが、

その水分量は一定に保たれているのが普通です。

しかし、何かの理由でその間質液が増え、割合が高くなってしまうことがあり、

これがむくみの正体なのです。

 

人の身体の60%は水分です。そのうちの2/3は細胞内液、1/3が細胞外液です。

細胞外液の1/4が血液、3/4が細胞間質液になります。

血液、リンパ管には小さな穴が開いていて、そこから水分は移動します。

そのバランスをが乱れることでむくみが生じます

特に脚は、重力の影響によって血液がとどまりやすく、その圧で血管外に水分が押し出されることが

多いため、浮腫みやすいと言われますnamida

 

水分を控えることが解決策ではありません

むくみを気にして水分摂取を控える方もいるのではないでしょうか?

水分を控えることは、むくみの改善にはつながりません!!

「むくみ=過剰摂取の水分」というわけではなく、

むくんでいても、体内の水分量は変わらないのです!!

もちろんお酒を飲みすぎた時などは、アルコールのもつ利尿作用で、のどが渇き、

過剰摂取してしまう場合は、それがむくみの原因になることもあります。

しかし、通常時のむくみは、水分の分布バランスが乱れているだけで、

水分量自体は変わらないということが分かっています。

むくみが気になる場合も、水分はしっかりと摂取することが大切ですni

水分不足は脱水症状や腎機能へ負担をかけてしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

運動量、筋力がない人はむくみやすい

病的な場合以外、むくみによる体重増加やセルライトが増えるなどといったことはないと言われています。

むくみやすい人は、運動不足で筋力が少なく、筋肉のポンプ機能が低下していることが考えられます。

そのため血液循環がわるく、むくみやすい、太りやすい体質になってしまうと言えますen

むくみや脂肪が気になる場合、適度な運動が大切です。

ウォーキングなど、足を動かすものがおすすめです。

適度なマッサージや半身浴で身体を温めることなども、むくみ改善によい方法です。

血液循環が良くなることで、お肌にもしっかりと栄養が行き渡り、

肌荒れ改善にもつながるかもしれませんねheart

 

脚を出す機会が増えるこれからの時期、むくみの悩みを解消し、

スッキリと軽い身体を目指しましょう!!!gya

 

 

 

お問い合わせ ・ ご予約

AAメディカルエステ リジュブ

TEL :03-3585-5330 

お問い合わせはこちら

HP :http://www.medical-rejuve.com/

tiger

 

投稿者: AAメディカルエステティック リジュブ

前へ

電話番号:03-3585-5330
10:00~19:00(日曜・祝日 定休) 予約・お問い合わせはコチラから/Reservation

PageTop