スタッフBLOG

staff blog

2016.06.27更新

身体のコリをほぐすために、自宅でのストレッチは大切ですが、

リジュブには「インディバ」というおススメの施療もあります!nico

 インディバで細胞から温めて体のコリをほぐしましょう

インディバは、1983年にスペインで発売が開始された機械で、

高周波温熱療法とも呼ばれています。

 

高周波のエネルギーを使って、体の組織温度、細胞温度を高めていきます。

「細胞熱による深部加温」が大きな特徴です。

お風呂や温泉、サウナのように、温かい熱を外から加えて、皮膚の表面を温めるのではなく、

体内に高周波を流す事で、細胞同士に摩擦を起こし、細胞から熱を発生させるのです!burn

細胞で熱が起きる事で、身体の芯から周りの組織や血液に温かさが伝わり、体全身が温まるのです。

美容面、健康面どちらでも、活躍している施療ですni

 

肩こり、首コリ、冷え性、低体温、血行不良、むくみ、代謝の低下、体質改善、

疲労回復、免疫力改善、不眠、生理痛、肌荒れ、老化肌の改善など、

あらゆる分野のお悩みに対応してくれるのですflower

スポーツ選手がトレーニングのケアの一つで、筋肉の緊張やこりをほぐし、

体調管理、疲労回復を早めるためにも取り入れられているんですよup arrow

 

インディバをされる際は、戻り電極板という板を身体に挟み込みます。

うつ伏せで施療する際はお腹側に、

仰向けで施療する際は背中側に、戻り電極板を引いて頂きます。

電極板と、私達がお肌につけながら施療していくヘッド「エレクトロ―ド」の間で

高周波を行き来させる事で細胞に摩擦を起こすのです。

その摩擦で、細胞熱が発生し、活性化されるのですihi

 

身体に施療する事で血液循環がよくなり、滞りが原因で引き起こる様々な不調が改善されます。

お顔は、細胞活性され、コラーゲンの生成促進、肌代謝アップに繋がります。

お顔にハリが欲しい、くすみが気になるという方は是非お顔のインディバもおススメですよheart

 

筋肉のコリをほぐすだけで、体は楽になります。

日々気づかないうちにたまっている老廃物、しっかり流して溜めこまない身体を作りましょう!!

インディバはホルモンや自律神経のバランスを整える効果もありますから、

最近忙しくてイライラする事が多い、パソコンで目が疲れる、

ゆっくり休めていないなどと言う方にもおススメですよglitter3

施療中気持ちが良いのはもちろん、施療後の睡眠が質の良い物に変わっていきますよmoon

是非お試しくださいheart

 

お問い合わせ ・ ご予約

AAメディカルエステ リジュブ

TEL :03-3585-5330 

お問い合わせはこちら

HP :http://www.medical-rejuve.com/

tiger

 

投稿者: AAメディカルエステティック リジュブ

2016.06.08更新

ビタミンAは、身体にとってどんな役割をしているか、ご存知ですか?

人間は60兆個の細胞で構成されています。

ビタミンAは身体の代謝を助け、細胞の成長・分化・成熟のために使われます。

発育促進

・・・細胞の代謝を上げる

肌・皮膚や粘膜の保持

・・・乾燥や肌荒れ、お肌の代謝を上げる

目・視覚の健康維持や成長

・・・目のビタミンとも呼ばれていて、暗闇での順応低下や色素判断の低下予防。

抵抗力アップ、免疫アップ

・・・粘膜の保護、成長をさせることでウイルス侵入から保護。

老化防止

・・・抗酸化作用で、活性酸素除去作用。

など、様々な働きをします。

細胞を健康な状態に保つためには、ビタミンAが欠かせないですねpue

脂溶性のビタミンの一種で、主に動物性の食品に含まれます。

体内では、レチノール、レチナール、レチノイン酸といった3種類の形となり作用します。

 

お肌の為にはお化粧品やスキンケア商品で取り入れることもオススメですが、

免疫力の高い健康な体のためには食事からも取り入れることが大切です。

しかし、100年前とは異なり現在の地球では、

食物から十分な栄養が摂取できていないと言われています。

同じ土を繰り返し使用したり、土壌汚染による土の栄養不足が要因とされています。

 

50年前の人参と現代の人参100gの摂取で比べても、

取れる栄養価は最大マイナス80%程なんだそうですhun

また熱には弱いため、高温調理だと栄養価が減ってしまいます。

過剰摂取も注意が必要ですが、サプリメントなどでうまく取り入れましょう。

 

ビタミンAを多く含む食べ物

鳥レバー、たまご、うなぎ、ホタルイカ、筋子、緑黄色野菜(にんじん、ほうれん草、かぼちゃ)など。

ビタミンA(レチノール)は、脂溶性のビタミンです。

油に良く溶ける性質を持っているので、油と一緒に摂取すると良いでしょう!

ただし高温調理には気をつけ、サッと料理することがポイントです。

油調理でなくても、牛乳やゴマなど、油分を含む食材と一緒に摂ることも良いですよ

 

ビタミンAのなかでも緑黄色野菜は、

体内に入ってからビタミンAに変換されるベータカロテンが多い食材です。

そのため、過剰摂取による蓄積、過剰症の心配がありません。

先ほども挙げましたが、

にんじん、モロヘイヤ、ほうれん草、春菊、大根の葉などがオススメです。

当院オリジナルサプリメント

「パワベジ+KUWA」にも、ビタミンAはしっかり入っていますよ!!

おススメですheart

ビタミンA,B,E、Cなどたっぷり栄養素が含まれています

 

お問い合わせ ・ ご予約

AAメディカルエステ リジュブ

TEL :03-3585-5330 

お問い合わせはこちら

HP :http://www.medical-rejuve.com/

tiger

 

投稿者: AAメディカルエステティック リジュブ

電話番号:03-3585-5330
10:00~19:00(日曜・祝日 定休) 予約・お問い合わせはコチラから/Reservation

PageTop