スタッフBLOG

staff blog

2014.12.25更新

カカオは、神様の添え物や不老長寿の薬として大切にされ、

ココアは便通の改善や栄養補給などに活用されていましたflower2

昔から健康に欠かせないカカオ製品である、チョコココアの効能や摂取方法などをご紹介いたしますgya

 

donutカカオdonut

ポリフェノールが多く含まれています。ポリフェノールとは、抗酸化作用のある成分です。

カカオポリフェノールは血圧の低下、血流改善、心疾患軽減、生活習慣病予防などの効果があります。

最近では、脳内の認知症機能の改善、脳機能を活性化してくれるとも言われ、研究が進められています。

その他にも、食物繊維やカルシウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛などのミネラル、

冷え性改善やリラックス効果のあるテオブロミンなどの栄養素も多く持っています。

 

カカオ豆を発酵させ、焙煎、すりつぶしたものが、カカオマス。

カカオマスが、チョコやココアの原料となります。

カカオマスに砂糖、ミルクパウダー、ココアバターなどを加ええ作られた物がチョコレート、

カカオマスを圧搾し、脂肪分を半分以下に取り除いたパウダーが、ココアですheart3

ココアには、体を温め、その体温の持続時間が長く、末端の血流改善効果もあります。

ピロリ菌の増殖を抑える働きもあるので、胃がんや胃腸の病気の予防にも良いとされています。

 

しかし身体に良いココアやチョコレートですが、脂質・糖質も多く、食べ過ぎには注意が必要ですnamida

チョコ・ココアの食べ方のコツをご紹介いたしますheart

 

★食べ時★

ココア⇒朝1杯のココアでエネルギーチャージをしましょう。気分を変えたい時にもおススメ。

チョコレート⇒間食時にちょこちょこ食べ、気分を変えるスイッチに、疲れた時の栄養補給時に。

カカオポリフェノールは身体に長時間蓄積が出来ない成分ですので、まとめて食べるのではなく、

数回に分けて食べる事がおススメですcoffee

またチョコやココアの香りには心を落ち着かせる効果があります。

集中力を高めてくれる効果もあるため、勉強時などもおススメです。

エネルギー源としては、運動時にビタミンBが豊富なナッツ類と摂取することがおすすめです。

ビタミンBは糖質をエネルギーに変える役割を果たします。

 

★適量★

菓子類であれば、年齢などによっても変わりますが、1日200kcalに抑えましょう

板チョコの場合は1/2~1/3枚程度の量です。

カカオパワーをいかすには、ビターチョコ10g相当の摂取を継続すると健康効果が期待できると言われています。

 

 

 

健康においしく、甘い物を取りいれましょうihi

 

お問い合わせ ・ ご予約

AAメディカルエステ リジュブ

TEL :03-3585-5330 

お問い合わせはこちら

HP :http://www.medical-rejuve.com/

tiger

 

 

 

 

 

投稿者: AAメディカルエステティック リジュブ

2014.12.24更新

 

ご自身の平熱を知っていますか?

平熱が低いと不調が現れやすくなります。1日の中で体温は1℃程度は前後しますが、

日本人の平均体温は36.6℃と言われ、36.5℃~37℃が体内酵素が最も活発に働きます。

平熱が35℃台だと低体温とされ、自覚症状がない人も多いですが、

手足の先が冷える、疲れやすい、風邪を引きやすい、生理が重いなどの症状が出てきますshun

 

低体温の人は以前に比べて増えてきています。体温は免疫力に関わる重要な要素で、

体温が1℃下がると、免疫力は約30~40%も低下すると言われていますgan

更に、免疫力低下や体の不調だけでなく、太りやすい、むくみやすいなどの他、シミ、シワ、くすみなど美容に関しても悪影響を及ぼします。

免疫力の低下は結果的に病気を引き起こすことにもなるので、生活習慣を見直して低体温の原因を改善していくことが大切です。

 

低体温の改善のポイント運動と食事です。

以前に比べて世の中が便利になったせいで運動量が減り、それに伴い筋肉量も減ってしまっています。

運動をして筋肉を動かすことで体の末端まで血液が循環し、代謝がよくなって熱が生産されます

末端冷え性の人はまず運動を日常的に行いましょう。

運動をすると言うと、ランニングやジム通いを思い浮かべますが、そのようなハードな運動でなくても、

なるべく階段を使う、多く歩くようにする、お風呂中やテレビを見ながらストレッチをするなどできることからはじめましょうnico

 

食事に関しては、ダイエットを気にして食事量が少なかったり、毎日仕事が忙しくて食生活が乱れていたりする人が増えていますが、

食生活の乱れが低体温の原因となり、肥満の原因にも繋がるのです。

また、食事をすると食べたものを消化する際に熱が発生します。

食事誘発性熱産生と言って、食後に体が温かくなって眠くなるのはこのためです。

更に身体をあたためたり、血行を良くする食品を選ぶことも大切ですmeal

 

体を温める食べものとしては

・根菜や薬味 (ごぼう、にんじん、れんこん、ねぎ、しょうが、にんにくなど)

・濃い色のもの (玄米、黒豆、黒ゴマ、小豆、紅茶、赤ワインなど)

・動物性食品 (チーズ、卵、いわし、鮭、レバー、ヒレ肉、もも肉など)

があります。

特に熱を生産する筋肉を作る元になるタンパク質と血液をつくる鉄分は毎日摂るようにしましょう。

もちろん、これらを意識しつつも、栄養の偏りを防いでバランスよく、不規則な生活を改善して

規則正しい時間に食事をするのが大前提にあります。

 

お問い合わせ ・ ご予約

AAメディカルエステ リジュブ

TEL :03-3585-5330 

お問い合わせはこちら

HP :http://www.medical-rejuve.com/

rabbit

 

 

 

投稿者: AAメディカルエステティック リジュブ

2014.12.22更新

血液バイタル療法は、ドイツ伝統、ヨーロッパでは広く用いられています。

英国エリザベス女王の母君も定期的に行っていた治療です。

血液バイタルは、自然治癒力を持続的に改善する治療です。

オゾンガスを使って血液を活性化し、体内に戻すことで身体全体の細胞を活性化させる医療ですihi

多くのスポーツ選手や有名人の方も施療して頂いており、

森院長がテレビに出演され話題にもなりましたnico

血液クレンジングテレビでも話題になりました

 

オゾンは強烈な活性酸素。活性酸素は、身体の毒。本来なるべく避けたいものですnamida

ですが、血液とオゾンガスを融解させる事で、オゾンの毒は消え去ります!

血液の強い抗酸化力がオゾンに勝つのですheart

血液はオゾンに対抗するために活性化し、抗酸化酵素、酸素を増やします

その血液が、身体の60兆個の細胞を活性化し、若返らせてくれますdire

 


「朝から疲労感がとれず、頭がぼ~っとする。」「冷え症、肩こりが辛い」

とお悩みのお客様に、血液バイタルをおススメしました。

冬には靴下を重ねないと辛いというほどの冷え症だったそうですが、

数回受けてからは、足先の冷えが気にならないとおっしゃって頂いておりますnico

体験して頂いた時は、治療終了時、手先や足先がポカポカしたそうで、

初めて感じる不思議な感覚だったとおっしゃっていました。

数回治療後、肩の重さも次第に楽になり、仕事中のパソコン作業も、

目が楽になったとおっしゃって頂きました!

 

冷えや肩こりは、血液が毛細血管まで循環する血液が少なくなったり、血流が遅くなる事でおきますrain

血液バイタル療法をすると、血管が拡張し、流動性が高くなります。

さらさらの血液になりますので、血の巡りがよくなり、また血液は体温の維持や

栄養素酸素の運搬もしているので肩こりや冷え性の改善にも効果があるのですni



手順は、専用ビンに採血(100ml~250ml)し、オゾンガスを注入。

融解させて活性化した血液を、点滴のように体内に戻すという形です。

血液クレンジングで細胞の若返り

外気に触れることなく治療されますので、感染などの病気の心配も御座いませんflower2

・健康維持したい
・病気や老化を予防したい
・病気治療したい
・スポーツ能力を向上したい
・美容目的
・アトピーを改善したい
・冷え症や肩こり、腰痛を改善したい
・無気力が続く…
・などのお悩みに最適な医療です

日本は四季によって、湿度や気温が変わります。

その際に体調を崩す事もありますね。

仕事が忙しく疲労感が抜けない、無気力になってしまうという事もあります。

血液バイタル療法で、免疫力をあげ、疲れ知らずの身体になりましょうflower2


リジュブでのお顔の施療と同時に出来ますので、ご興味がある方は是非お問い合わせくださいheart3

 

お問い合わせ ・ ご予約

AAメディカルエステ リジュブ

TEL :03-3585-5330 

お問い合わせはこちら

HP :http://www.medical-rejuve.com/

 

tiger

 

 

 

 

 

投稿者: AAメディカルエステティック リジュブ

2014.12.20更新

食物繊維は、便秘や肥満、生活習慣病予防などに効果的な栄養素です

便を軟らかくし老廃物の排出を促し、コレステロール値、血糖値の上昇を抑えてくれる効果もあると言われています

年齢や性別によって異なりますが、成人1日およそ20g以上摂取することが望ましいとされています。

ですが、現在の食生活では摂取量はたりず、平均14gと言われていますfun

穀類の摂取割合が減少し、主食が麦ごはんから白米中心へ変化したことが影響の1つと考えられています!

食物繊維はきのこ類、野菜、海藻、芋、果実などに多く含まれており、副菜から摂取することが多い栄養素ですorange

ですので毎日十分な量を摂取することは難しく、不足しがちになってしまう事が多いのです。

副菜を充実させることが基本ですが玄米や麦ごはん、シリアルなどの健康食品を活用し、食物繊維を補いましょうmeal

食物繊維の多い食材は、噛みごたえがあるものが多く、満腹感を得やすいので、肥満予防にもおススメですihi

 



当院オリジナルサプリメント

「パワベジ+KUWA」は、ビタミン、ミネラル、食物繊維がたっぷり含まれています。

「桑の葉」「熊笹」が配合されておりますclover

桑の葉は、糖尿病、高血圧、コレステロール値を抑制してくれる働きがあります。

ビタミンC、ビタミンB、亜鉛、鉄、カリウムなどが含まれており、むくみの改善、活性酸素抑制など、高い抗酸化作用も特徴です!

クマ笹、熊が長い冬眠で腸内に毒素が発生しないよう、食べてから冬眠に入り、

冬眠から開けて一番初めに口にすると言われているほど、解毒作用、抗菌作用の高い植物です。

ミネラル、ビタミン、フェルラ酸などが含まれえており、抗アレルギー作用や、血液浄化作用もあります。

免疫力を高め、細胞を活性化させてくれるので、美肌効果も御座いますheart

桑の葉は熊本産、熊笹は北海道産です。その他にも、大麦若葉、ガニアシなど、栄養がたっぷりheart3

食物繊維・ビタミンたっぷりのパワベジは便秘にも効果的

 

食生活が乱れがちな方の栄養補助、病気の予防、ダイエットなど、様々なお悩みに最適な粉末状サプリメントです!

便秘が改善されたというお客様も多くいらっしゃいますflower2

細胞の活性化、血糖値の上昇を緩やかにしてくれる作用も期待できるので、お食事前・食間に飲んで頂く事をおススメしますwine

1包とお水をシェイカーやペットボトルなどに入れてよく振ってお召し上がりください
牛乳や豆乳、ジュースなどでもお召し上がりいただけます

詳細はこちら

食物繊維をたっぷり取って、病気の予防や肥満対策をしましょうflower

 

お問い合わせ ・ ご予約

AAメディカルエステ リジュブ

TEL :03-3585-5330 

お問い合わせはこちら

HP :http://www.medical-rejuve.com/

tiger

 

 

 

 

投稿者: AAメディカルエステティック リジュブ

2014.12.19更新

現代はどんなに身体に良いと言われる食べ物でも、農薬や、大気汚染の侵入など、毒素のない身体を作ることは非常に難しい事ですshun

生きて行く為に食べる事は大切ですし、身体は食べ物で作られています。
胃腸の働き、腸内環境を良くし、毒素を排出できる身体を作ることが重要ですflower
身体の循環を良くする事で、肌荒れや生理不順が改善される事もありますni



「体内のデトックスにお勧めな食材・食事」

・朝食…フルーツ、白湯、ヨーグルト、野菜meal
朝は排泄、浄化タイム。酵素たっぷりのフルーツで排泄を促しましょう!特に、ビタミンCの豊富なイチゴ・オレンジ・キウイフルーツなどは美容のためにもオススメです。その中でもキウイフルーツは、1~2個で、1日に必要なビタミンが摂取できるといわれています。

朝の身体は寝ている最中の汗などで脱水状態になっていますので、あたたかい白湯で水分補給をし、身体を起こしてあげてください。ヨーグルトは200~300gを食後に食べると良いでしょう。

野菜は摩り下ろすことで酵素が細胞の外に出るため、酵素が働きやすくなります。大根、にんじん、やまいもなどはすって食べることをオススメ、薬味としてよく使われるショウガやにんにく、わさび、ねぎなどはトッピングとして利用するなど、酵素の摂取量を増やすとよいでしょう。

 


・昼食…雑穀米、根菜、サラダ、赤みの肉類meal
昼は代謝を上げる肉類、野菜は温かい物、冷たい物どちらも摂取します。
根菜類は身体を温め、代謝をサポートしてくれます。サラダの酵素で消化を促しますsnow朝野菜が取れなかった場合は、なるべく昼食で摂取できるよう心がけましょう!

外食ならポリフェノールが含まれているソバがおすすめ。温かい物しにて、食物繊維豊富でデトックス食材でもある「やまかけソバ」がより良いですgya


・夜食…魚料理、雑穀米、あたたかいお椀ものmeal
雑穀米はよく噛んで消化をよくしましょう。ショウガやクルミなど、身体を温めてくれる食材の使用が理想的ですheart3
納豆やキムチもおススメです!スープなどを作るときは、野菜を多めに、大きめに入れ、ゆっくりと食べることで満腹感も得られますglitter

 


間食がしたい、甘い物が食べたいと思った時には、和菓子、ドライフルーツが最適です。プルーンは、ビタミンやカリウムが豊富で、鉄分も補給出来ますのでおすすめですbutterfly

デトックス食材をうまく活用し、冷え知らずで美しい身体になりましょうclover

 

お問い合わせ ・ ご予約

AAメディカルエステ リジュブ

TEL :03-3585-5330 

お問い合わせはこちら

HP :http://www.medical-rejuve.com/

tiger

 

 

投稿者: AAメディカルエステティック リジュブ

2014.12.18更新

ユーグレナとは、微細藻類、ワカメや昆布と同じ、藻の一種です。

そのユーグレナ(和名:ミドリムシ)の独自性分「パラミロン」

キノコ類、酵母などに含まれるβグルカン。これが塊になった物質が「パラミロン」です。

 

パラミロンの特徴

★余分な油分を吸着★

加齢とともに、食事を変えていないのに太りやすくなった、痩せにくくなったなど、基礎代謝の低下によって付きやすくなった老廃物。

それを吸着してくれるのがパラミロンです。

パラミロンは、表面に無数の小さな穴があいているのが特徴で、不要物を取り込む事が可能だといわれています。

炭と構造が似ています。消臭効果が高い事で有名な炭ですが、これは、炭の表面にある多くの穴が、匂いの分子を吸い取っているからです。

それと同じように、パラミロンも身体の中にある余分な油分を吸着してくれます。

 

★乳酸菌の活性★

ユーグレナは、乳酸菌を活性化させる力をもっています。

乳酸菌の活性と言えばオリゴ糖が有名ですが、それよりも高い研究結果がでています。

すっきり感が期待できますよ!便秘でお悩みの方にもおすすめです。

 

★59種類の栄養素が摂れる★

ユーグレナには、植物と動物の両方の特徴を持ち合わせている、珍しい素材です。

そのため、野菜、魚、肉などに含まれる、ビタミン・ミネラル・アミノ酸・DHA・EPAなど、なんと59種類もの栄養素をもっているのです。

 

日頃の食生活で栄養が摂取出来ていない、脂肪分が気になる、便秘がちなどのお悩みのかたにおすすめなサプリが、

「パラミロンDX(デラックス)」ですnico

余分な油分を排出してくれるパラミロンデラックス

余分な物を排出し、栄養を届けてくれます!

ぜひお試しください!

 

 ユーグレナは、沖縄県石垣島で生産されています。

1年の平均気温23度以上、綺麗な水、きれいな空気の中で、太陽をたくさん浴びる事のできる石垣島が、

大量培養のできる唯一の場所ですclover

 

 

ユーグレナは空気中の二酸化炭素を吸収する光合成で育つため、地球温暖化防止への貢献も期待されています。バイオ燃料にもなり、今後栄養・環境・エネルギーの三大問題を解決出来る事を目指し、日々研究がすすめられていますflower

 

「パラミロンDX」 1箱 12,000円(税抜き) 120粒入り
一日2~4粒を目安にお召し上がりくださいni

 

お問い合わせ ・ ご予約

AAメディカルエステ リジュブ

TEL :03-3585-5330 

お問い合わせはこちら

HP :http://www.medical-rejuve.com/

tiger

 

 

投稿者: AAメディカルエステティック リジュブ

2014.12.18更新

flower体温を上げるためには6つのポイントありますflower

 

1、湯船につかる

時間がない、湯船に長くつかるのが苦手などを理由にシャワーだけで済ませてしまう方、身体は全然温まっていません。

湯船に汗ばむぐらいつかると一時的ではありますが、体温が1℃上昇します。毎日つかることで数年後の免疫に大きな影響を与えますので、是非湯船につかるように心がけてみましょう。

 

2、運動をする

 

近年、車や電車など便利な移動手段が増えたため、筋肉の低下が心配されます。

人間の体温の40%は筋肉で作られているので、筋肉が少ないと体温も必然的に低下してしまいます。体温を高い状態にするためにまずは全身の筋肉の大半がある下半身を鍛えてみましょう。この事により、運動不足が解消されるだけでなく体温上昇も期待できます。

 

3、食生活の改善

食生活を見直す方が増えてきていますが食べ過ぎ、控えすぎも身体にはあまりよくありません。

例えば食べ過ぎてしまうと、消化などのために胃腸などに血液が集まり、筋肉への血液供給量が減ってしまいます。そのほかには身体を温めてくれる塩分も控えすぎはあまりよくありません。なんでも、やり過ぎは良くないので身体と相談しながら、少し気を使って食事をしてみましょう。

 

4、水分摂取の量

1日に2L以上の水を飲むのがいいからと言って、身体が欲していないのに無理やり、水を飲んでいる人はいませんか?

身体に余計な水分をため込むことは身体を冷やすことに・・・・・冷えてしまった身体に必要以上の水分を入れると排出機能が低下してむくみの原因に

身体が欲していないのに過剰な水分を摂取するのは控えましょう。

 

5、冷房の温度管理

人間の身体は暑い夏には基礎代謝を落として熱が作り出しにくくなっています。そんな、基礎代謝が落ちているときに冷房でさらに身体を冷やすことは自殺行為。身体の熱代謝量が減ってしまうだけでなく、その熱代謝が下がった状態を1年中引きずってしまうのです。なので、冷房をかけるときはそこそこに。

 

6、ストレスを減らす

意外に知られていないのが体温低下にストレスが関係していることです。ストレスが発生すると交感神経を興奮させるアドレナリンやノルアドレナリンの分泌が高まり、血管が収縮。全身の血流が悪くなってしまうことも・・・・・その他にもホルモンのバランスも崩れ、細胞の回復が遅くなり、細胞自体のエネルギーが低下してしまうためこれも低体温の原因に・・・・ストレス社会と言われている今、なかなか排除することは難しいとは思いますが、身体のためにストレスをため込まないようにしましょう。

 

体温を上げるためにはほかに色々、方法はありますが、まずはの6つのポイントをしっかりおさえてみましょうgya

 

お問い合わせ ・ ご予約

AAメディカルエステ リジュブ

TEL :03-3585-5330 

お問い合わせはこちら

HP :http://www.medical-rejuve.com/

dog

 

投稿者: AAメディカルエステティック リジュブ

2014.12.17更新

 

 

クリスマスや忘年会、新年会とイベントが盛りだくさんな年末年始は、風邪を引きやすかったり、疲れが取れなかったり、

不調を感じやすい時期でもあります。体調を崩さずにスケジュールをこなすためにも、早めの体調管理が大切ですlight bulb

この時期に不調を感じやすい原因は急激な気温の低下と精神的ストレスの2つがあげられます。

急激な気温の低下は、私たちの身体に環境的ストレスを与えていて、気持ち的にはストレスだと感じていなくても、

体は寒さをストレスと感じ、寒さから身体を守ろうと、交感神経を働かせます。

もう一つの精神的ストレスは残業が増えたり、飲み会などのイベントで夜更かしが増えたり、気持ちが休まる時間が減り、

常に頑張っている状態が続くので、知らぬ間に精神的にストレスを受けているというわけですun

 

ストレスを感じると交感神経が優位になります。交感神経は体を興奮状態にする作用があり、身体を活発に動かすために働く重要な神経です。

しかし、常に交感神経が働いてしまうと体の緊張状態が続き、免疫力に関わるNK細胞の機能が低下してしまうことがあります

また、慢性的なストレスは副腎皮質ホルモンを分泌して免疫を抑制する作用があります。

 

 免疫力の低下は風邪や疲れだけでなく、がんなどの病気にも影響してきます汗

免疫力は20歳をピークに徐々に低下していくことが分かっているので、免疫力を下げないような日常生活の工夫が大切ですihi

 

< 免疫力を下げない日常のポイントflower2

 ・無理しすぎない

疲れていたらのんびりリラックスしたり、少し休んだり、頑張りすぎないことも大切です。

 

 ・水溶性のビタミンをしっかり摂る

ビタミンには水溶性と脂溶性の2つあり、水に溶けやすい水溶性ビタミンは身体に免疫力に有効に作用します。

ビタミンCはストレスや免疫力に効果的ですし、年末年始でお酒を飲む機会が増える人は、体内のビタミンB群が減少しやすいので、

意識してビタミンBをサプリメント等で補いましょう。

 

・ミネラルを摂る

ミネラルの中でも亜鉛は免疫力の活性を促進する働きがあるため、積極的に摂るのがおすすめです。

食品では、牛肉、鶏肉、豚肉、卵、牡蠣、ブロッコリー、納豆、わかめ、のり、ごまなどに含まれていますが、

食品から1日の必要量を摂るのは難しいので、手軽に摂れるサプリメントも活用しましょう。

 

・コラーゲン

コラーゲンは美肌効果だけでなく、免疫力を上げる作用もあります。肉や魚などを食べることで体内に取り込むことができます。

更にビタミンCと一緒に摂取することで吸収が高まるため、ビタミンCとの食べあわせを考えましょう。

 

・休肝日を作る

肝機能が低下すると疲労感が増えて免疫力も低下します。飲み会が多くて忙しい年末年始は肝機能が低下しやすい時期でもあるので、

食べすぎ、飲みすぎを見直して、肝臓を休め、睡眠時間も取れるように生活のサイクルを改善しましょう。

 

毎日の生活の中でこれらを少しでも意識して、忙しくてもストレスに負けず、免疫力を上げていきましょうgyaheart3

 

お問い合わせ ・ ご予約

AAメディカルエステ リジュブ

TEL :03-3585-5330 

お問い合わせはこちら

HP :http://www.medical-rejuve.com/

rabbit

投稿者: AAメディカルエステティック リジュブ

2014.12.17更新

 

女性は男性よりも寒さに弱く、冷えを感じやすいと言われています。これから冬に向けて、

冷えやすい食生活を改善して、日常的に冷えにくい体を作りましょう。

 

ポイントとしては、大きく3つありますsnowman


まず1つ目は食事中にコーヒー、紅茶、緑茶を飲まないことです。これらはタンニンという成分が含まれ、

鉄の吸収を阻害してしまいます。鉄が不足すると、筋肉に十分な酸素が運ばれず、エネルギー代謝が低下し、

冷えを感じる原因になります。女性はただでさえ鉄分が不足しがちなので、

タンニンを多く含む飲み物は食事中ではなく、食後30分ほどあけてから飲むようにしましょうcoffee

 

2つ目は生野菜中心の食事をやめることです。サラダはヘルシーで栄養も摂れてダイエットにも良いイメージですが、

トマトやキュウリなどの夏野菜や、温かい地域で獲れる野菜は体を冷やす作用があります。

また、生の野菜や果物に多く含まれるカリウムの利尿作用で、冷えを感じやすくなるとも言われています。

カリウムは高血圧の予防には効果的ですが、冷えが気になる方は生野菜でなく、

ゆでたり、炒めたり、スープやお鍋などの温かい料理で取り入れましょうmeal

 

3つ目はお菓子を食事代わりにしない事です。女性は特に、お菓子や菓子パンなどで食事を済ませがちですが、

お菓子や菓子パンだけでは脂質と糖質しかとれず、体温を維持する役割をする筋肉をつくるタンパク質や、

代謝を上げるビタミンB1などの栄養素が不足するようになります特にタンパク質の不足は、

筋肉も衰えてより冷えを感じやすく太りやすい体になってしまいますgan汗

 

まずはちょっとした心がけでできる毎日の食生活を意識して、冷えを改善しましょう。

それでも冷えてしまう方、早く冷えを改善したい方はスタッフまでお気軽にご相談ください。

体質や生活に合わせた最適の改善方法をご提案致しますnico

 

お問い合わせ ・ ご予約

AAメディカルエステ リジュブ

TEL :03-3585-5330 

お問い合わせはこちら

HP :http://www.medical-rejuve.com/

rabbit

投稿者: AAメディカルエステティック リジュブ

2014.12.16更新

 

 

 

寒くなってきて温かいココアのおいしい季節になりました。ココアには実は健康と美容に様々な効果があるのですihiheart3


ココアはポリフェノールや食物繊維、鉄、亜鉛、マグネシウムなどのミネラルが豊富で、

加えて高血圧、動脈硬化などを予防するエピカテキンなどの身体にいい成分が多量に含まれています。

更に赤ワインに含まれていることで知られている、老化を防止するアンチオキシダントという抗酸化物質が、

赤ワインの約2倍含まれています。アンチオキシダントは老化だけでなく、成人病やガンなどからも守ってくれる成分ですwine

 

あたたかい飲み物を飲むと血液の循環が良くなって身体がポカポカしますが、それに加えてココアに含まれるフラボノイドは

血液中に存在する一酸化窒素を処理するのを助けてくれて、より血液の流れを良くしてくれますrabbit

フラボノイドが血液の循環を改善すると、頭の血流も良くなり、思考がクリアになるという効果もあります。

頭がぼーっとする時には、コーヒーよりココアの方がより効果的です。ちなみに、この効果は認知症の治療としても

注目されているそうです。また、フラボノイドは血液の血小板が凝固するのを予防する働きもあります。

 

ココアに含まれるリグニンという食物繊維は、体内の消化酵素では分解されないため、

大腸までその成分のまま到達するという特徴があります。それによって便秘の解消に役立つといわれていますnote2

朝起きてから朝食をとる前にココアを飲むと、活動し始めようとしている腸を刺激するので排便を促す効果が高まります。

また、脂肪の吸収を抑える効果もあるので、夕食後にココアを飲むことで、余分な脂肪の吸収を抑え、体脂肪の蓄積を抑制します。


カカオポリフェノールの高い抗酸化力により、老化の原因となる活性酸素の働きを抑制します。

紫外線によるダメージを修復したり、肌のターンオーバーを促進する効果もあるので、

ニキビ、ニキビ痕、シミ、シワの予防など、お肌のアンチエイジング効果も期待できます。


生活習慣病を防いで健康や美容にいいホットココアは、コーヒーよりもメリットがたくさんあります。

温かい飲み物が飲みたい時は迷わずココアにしましょう。

最大限に効果を引き出すために、なるべくカカオが多く、糖分の少ない物を選びましょうcoffee

 

お問い合わせ ・ ご予約

AAメディカルエステ リジュブ

TEL :03-3585-5330 

お問い合わせはこちら

HP :http://www.medical-rejuve.com/

 

rabbit

投稿者: AAメディカルエステティック リジュブ

前へ

電話番号:03-3585-5330
10:00~19:00(日曜・祝日 定休) 予約・お問い合わせはコチラから/Reservation

PageTop