スタッフBLOG

staff blog

2016.01.21更新

お仕事終わり、お風呂上りなど、くいっとビールを1杯・・・beer

おいしいですよねihi

 

お酒を飲むことは、ダイエットや健康面であまりよくないといわれていますが、

良い点、悪い点を知って、注意しながらの飲めば、

ストレス解消のになったりと、利点もあるのですheart3

上手な付き合い方を見つけたいですねflower

 

お酒は、お酒自体が悪いというより、

飲酒によって変化する生活週間に問題があるといわれます。

一般的には、夕食から夕食後にかけて摂取することが多いですね。

お酒だけを飲んでいるという人より、お酒と一緒に味の濃い高カロリーなおつまみを食べたり、

シメのラーメンがあったり・・・gan

寝る時間が遅くなり、翌日は二日酔い、胃腸の疲れで朝食を抜くなど、

お酒を飲むことが週間になると、日々の生活が乱れてしまうのですtears

 

また女性は男性に比べると体も肝臓も小さいので、

少量のアルコールでも健康障害が出やすいといわれています。

飲酒には適度な量、回数で付き合っていきたいですねgya

 

お酒の適量とは・・・

厚生労働省は、節度ある適度な飲酒は

1日平均純アルコールで20g程度にすべきと提唱しています。

●1日缶ビールロング缶1本500ml程度、女性は350ml程度が理想的です。

 

アルコールの分解、吸収について・・・空腹時の方が酔う!?

アルコールは、他の食品と異なり、消化を受けずに吸収されますbeer

飲んだ量の20パーセントは胃から、残りは小腸上部から吸収されます。

胃よりも腸からの吸収の方が早いです。

空腹時にお酒を飲むと、アルコールが胃を素通りして小腸に流れ込みます。

そのため、アルコールの吸収が早くなり、酔いやすくなるのです!!!

アルコールは体内の酸化により分解されます。

分解速度は、人によって異なります。

肝臓を通過して全身の臓器に取り込まれていくのです。

 

★1日350~500ml程度

★飲む階数が少なくても大酒をしないこと

★寝酒は控えること

★週に2回ほどは飲まない週間をつくること

★食事と一緒にゆっくりと摂取する

★代謝を促進するビタミンB群を摂取する

以上のことに気をつけて、上手にお酒と付き合っていきましょうni

 

お酒を飲む前、飲んだ後、どちらにもオススメなのは、

「ドクターパワーベジタブル」

熊笹・桑の葉・大麦若葉・ガニアシなどの栄養素たっぷり!

二日酔いで、食欲が無いときなどにもオススメですihi

 二日酔い、飲み会前、食事前にオススメです

お問い合わせ ・ ご予約

AAメディカルエステ リジュブ

TEL :03-3585-5330 

お問い合わせはこちら

HP :http://www.medical-rejuve.com/

tiger

 

投稿者: AAメディカルエステティック リジュブ

2016.01.07更新

身体を温めるために、日々の食事でも意識できることがありますglitter

 

身体を温める食材

野菜や果物・・・生姜、ニンニク、玉ねぎ、かぼちゃ、ミカン

地中で育つ植物は身体を温めるといわれています!

生姜

生姜は身体を温めるというのは有名ですねburn

生のままより加熱して使うことで、ショウガオールという身体を温める成分が増えます。

かぼちゃ

かぼちゃの栄養価の高さは野菜の中でもトップクラスup arrow

特にベータカロテンは、体内でビタミンAとなり、

皮膚、粘膜や目の網膜を健康に保ちます。風邪予防にも効果的な栄養素です!

冬が旬の野菜は、ビタミン、カリウムなどのミネラルを多く含んでいて、

ミネラルは食物の消化、吸収、代謝に重要なのですburn

ミカン

ビタミンCが豊富なミカン。

実のまわりには、毛細血管を強くするヘスペリジンなどの成分が含まれています。

白い皮や筋はなるべく食べることをオススメしますorange

 

魚・・・鯖、鮭、イワシ、フグなど

旬の魚も冷えの改善に良いとされています。

血液をサラサラにして、流れを良くするDHA、EPAが豊富ですmeal

脂肪燃焼も促進しますので、エネルギー量を増やし、冷えの改善につながります。

 

大豆・・・豆腐、納豆、みそなど

大豆たんぱく質が豊富で、女性ホルモン様作用をもつイソフラボンが多く含まれています。

タンパク質は食事などで消費するエネルギー量が高く、効率よくカラダを温めます。

肉でいうと、脂身のすくない鶏肉、羊肉、牛肉がオススメですcowboarchick

 

無精製のもの・・・麹、天然塩、黒砂糖など

香辛料・・・カレー粉、シナモン、山椒など

バランスを考えながら取り入れたいですねnico

反対に、

ほうれん草、空芯菜、小松菜、

きゅーりやゴーヤなど、夏が旬と言われる食材、

白砂糖や小麦、化学調味料などの精製加工品は

体を冷やすので気をつけましょうen

体を冷やす野菜を摂るときは、加熱しましょうflower

 

食事方法

1日3食摂る中で、時間帯によって気を付けたいことがかわりますspade

朝食

体温や代謝が低い朝は、消化の良い温かいものがオススメです。

エネルギーをつくるため、タンパク質を摂るようにしましょう

納豆、卵、スープなどが良いですね!

昼食

昼は丼ものや麺類等、単体食になりがちですが、

栄養バランスの良い定食などがオススメmeal

胃腸の働きを促進するために、薬味を上手に使いましょう!

生姜、ネギ、唐辛子などを加えて、冷え対策をしましょう

夕食

夕食は温かいお鍋や、湯豆腐などが最適です

冷えは、疲れや精神的ストレスも影響しますので、

リラックスして食事を摂ることも大切ですnico

 

しっかり噛んで食事をすることは基本です!

胃腸の負担を軽くすることで、エネルギーをつくりやすくなります。

 

日々の食生活で、冷えない身体づくりを心がけたいですねihi

 

お問い合わせ ・ ご予約

AAメディカルエステ リジュブ

TEL :03-3585-5330 

お問い合わせはこちら

HP :http://www.medical-rejuve.com/

tiger

 

投稿者: AAメディカルエステティック リジュブ

2016.01.04更新

身体を温めると、全身の血流が良くなります。

身体を温める温熱作用で、末梢の血管まで血流が良くなるからです。 

冷えは万病のもと!しっかり体を温めて、病気に負けない体をつくりましょう!

 

身体を温めると、健康効果がたくさんあります

★栄養が行きわたる★

血流が良くなることで、内臓や筋肉、肌、頭皮などへの酸素、栄養補給が促されますflower

★老廃物の排出★

血液は老廃物を運び出す役割も果たします。

血流が良くなり、肝臓、腎臓などの働きが活発になる事で、老廃物の排泄作用が高まります。

★免疫力のアップ★

栄養が行き渡り、老廃物排出がスムーズにされると、疲労回復、病気予防につながります。

白血球などの免疫機能も高まります。

★脂肪燃焼★

身体が温まると、脂肪燃焼がされやすくなり、余分な脂肪の直積を抑えてくれますglitter

 

嬉しい効果ばかりですね!!

 

身体を温めるために、オススメの施療は、

「インディバ」

インディバは、お顔、全身どこでも施療が可能です。代謝アップ、冷え改善、浮腫み改善など様々なお悩みに最適です

深部加温と言って、細胞から熱を発生させることが出来る施療です。

高周波温熱療法と言われ、美容や健康目的で利用できる機械なのですheart

 

血行不良・冷え改善はもちろん、新陳代謝アップ、体重体脂肪の減少、むくみ改善など、

様々な作用がみられますgya

現代人の平均体温は35.7度となっています。

理想とされている36,7度より、1度も低くなっているのですnamida

体温は1℃違うだけで、格段に免疫力に差が出るのです!!!

 

インディバでなくても、身体を温めるだけなら温泉でもいいのではと思われる方、、、fun

インディバの特徴は、「芯から温める」ことなのですnote

入浴では、身体のまわりが温かく、身体の表面から熱を加えている状態。

確かに温まった感覚はありますが、深部組織を温める事にはつながりません。

日々の健康法としては大切ですが、体質改善に役立つことは難しいですねpue

インディバの施療は違います!!

高周波エネルギーを与え、身体の表面ではなく、深部の体内温度を上げることができます。

高周波を送ることで体内の細胞が震え、摩擦をおこし、その摩擦熱(ジュール熱)によって

細胞から温まるという加温法。

細胞が血流や細胞間を介して、全身に伝わるという加温なのですheart3

 

そのため、インディバ施療後は、2~3時間、

人によっては半日以上温熱作用を感じている方もいるのです。

熱の持続時間が長いのですねni

 

身体を温めたい、冷えを改善したいという方、ぜひお試しください!

次回のブログでは、体を温める栄養素、

日々取り入れやすい食事法についてご紹介いたします dire

 

お問い合わせ ・ ご予約

AAメディカルエステ リジュブ

TEL :03-3585-5330 

お問い合わせはこちら

HP :http://www.medical-rejuve.com/

tiger

 

投稿者: AAメディカルエステティック リジュブ

電話番号:03-3585-5330
10:00~19:00(日曜・祝日 定休) 予約・お問い合わせはコチラから/Reservation

PageTop