スタッフBLOG

staff blog

2016.06.24更新

現在日本には、正常域血圧の中でも少し高めの血圧の「高血圧予備軍」が

約1500万人いると言われています。

高血圧を予防し、正常値を維持するためには、日々の生活習慣を見直し、

血圧の上昇をおさえる対策が必要です。

収縮期血圧130mmHg以上

拡張期血圧85mmHg以上、

どちらか一方でも当てはまると、血圧は高めですuo

 

血圧上昇の要因

塩分の摂りずぎ、運動不足、ストレス、睡眠不足などにより、

体内で活性化したアンジオテンシンという変換酵素が血管収縮物質を過剰に生成し、

血管が収縮することで血圧が上昇して引き起こります。

 

血圧を上昇を抑えるためのポイント

★肥満を防ぎ、適正体重・腹囲を維持する★

肥満は血圧を上げるだけでなく、肥満自体が心血管病の危険要因の一つなのです。

体重を標準体重近くにすると、血圧や脂質異常症、高尿酸値、血糖症なども

適正値に近づく可能性があると言われています。

 

また、内臓脂肪型肥満の指標として、おへそ周り(腹囲)が用いられるようになりました。

腹囲

男性85センチ以上、女性90センチ以上が基準とされ、超える方は、内臓脂肪型肥満となります。

BMIは、25以上が肥満とされます。

 

★適度に運動をする★

身体を動かす習慣を付ける事で、肥満の予防やコレステロール・中性脂肪などの血清脂質も

適正に保つ事が出来ますni

特に有酸素運動、ウォーキングや軽いジョギングなどは、長期間繰り返し続ける事によって

血圧を下げる作用がある事がわかっていますsneakers

 

★規則正しい生活の意識★

睡眠が十分に取れている事で、夜に血圧を下げて心臓や血管の負担を減らす事が出来ます。

また、脂身の多いお肉、やバター、卵類などのコレステロールや飽和脂肪酸の多い食事は控え、

塩分の取り過ぎに注意しましょう!!

 

血糖値の急上昇を抑えるには、

★「ドクターパワベジ+KUWA」もおススメです★

赤坂AAオリジナルサプリメント「パワベジ+KUWA」

1箱60包入り

桑の葉、熊笹、大麦若葉、ガニアシが主成分。

ビタミン、ミネラル、食物繊維、カルシウム、葉酸などの栄養素はもちろんですが、

食事前に飲む事で血糖値の急激な上昇、糖質吸収を抑制してくれる作用があります。

抗酸化作用、解毒作用など、嬉しい働きが沢山!!

粉末タイプですので、お水などのお飲み物に溶いてお召し上がりくださいnico

 

お問い合わせ ・ ご予約

AAメディカルエステ リジュブ

TEL :03-3585-5330 

お問い合わせはこちら

HP :http://www.medical-rejuve.com/

tiger

 

投稿者: AAメディカルエステティック リジュブ

2016.06.22更新

現代は、冷凍食品やコンビニエンスストアなどによる豊富なお弁当やお惣菜の流通で、

食生活が乱れやすくなっていますmeal

日本には、伝統として、「食の習わし」が継承されてきました。

この習わしには、「合食禁・食べ合わせ」があり、

中国の「陰陽五行」の思想を食材にあてたものが始まりと言われていますpue

 

「鰻と銀杏」、「天ぷらと西瓜」、「ソバと茄子漬物」などが記載されていますbook

科学的根拠は乏しいですが、

確かに天ぷらと西瓜は、水と油による胃の負担が増え、

ソバに茄子漬物は、身体を冷やす作用が消化器官に負担が増えると言われます。

多くは贅沢をお戒めるためなどとの諸説もありますが、昔から食べ合わせは重要視されてきたのですねni

 

現代の食生活では、サプリメントを摂り、不足を補おうとすることがありますが、

適切な摂取をしなければ意味がありません。

サプリメントと食品の組み合わせは栄養吸収阻害に注意して摂取しましょう!!

 

例えば・・・

「鉄Fe」

吸収阻害の食べ合わせ

×コーヒー・紅茶・緑茶・赤ワイン

コーヒーなどに含まれるタンニン酸と、食品やサプリメントの鉄分が結合すると、

吸収阻害がおこり鉄分不足となります。

貧血、生理中の女性、成長期のお子様などは注意が必要です。

吸収率を高める食べ合わせ

×ビタミンC

ビタミンCは鉄を吸収しやすい状態に変える働きを持っています。

一緒に摂取することを心がけましょうorange

 

「カルシウムCa」

吸収阻害の食べ合わせ

カルシウム×シュウ酸、フィチン酸

カルシウムとシュウ酸、フィチン酸の組み合わせも吸収阻害が起きます。

シュウ酸・・・ほうれん草、たけのこ、サツマイモなどに含まれるアクの成分です。

あく抜きをしっかりして使用しましょう。

ピーナッツやチョコレートにも多く含まれます。

フィチン酸・・・穀類、豆類、インスタント食品に含まれ、食物繊維と共に吸収を阻害します。

カルシウム不足の方は注意しましょう!!

吸収を高める食べ合わせ

カルシウム×マグネシウム

マグネシウムは、カルシウムを骨に入り込ませる働きをします。

カルシウム×ビタミンD

カルシウムの吸収率をあげ、骨の生成に関わります。

カルシウム×タンパク質も、吸収率をあげる組み合わせですflower2

 

身体に必要な栄養素、無駄のないように摂取したいですね!!

サプリメントのご相談もお気軽にご相談下さいませihi

 

 

お問い合わせ ・ ご予約

AAメディカルエステ リジュブ

TEL :03-3585-5330 

お問い合わせはこちら

HP :http://www.medical-rejuve.com/

tiger

 

投稿者: AAメディカルエステティック リジュブ

2016.06.08更新

ビタミンAは、身体にとってどんな役割をしているか、ご存知ですか?

人間は60兆個の細胞で構成されています。

ビタミンAは身体の代謝を助け、細胞の成長・分化・成熟のために使われます。

発育促進

・・・細胞の代謝を上げる

肌・皮膚や粘膜の保持

・・・乾燥や肌荒れ、お肌の代謝を上げる

目・視覚の健康維持や成長

・・・目のビタミンとも呼ばれていて、暗闇での順応低下や色素判断の低下予防。

抵抗力アップ、免疫アップ

・・・粘膜の保護、成長をさせることでウイルス侵入から保護。

老化防止

・・・抗酸化作用で、活性酸素除去作用。

など、様々な働きをします。

細胞を健康な状態に保つためには、ビタミンAが欠かせないですねpue

脂溶性のビタミンの一種で、主に動物性の食品に含まれます。

体内では、レチノール、レチナール、レチノイン酸といった3種類の形となり作用します。

 

お肌の為にはお化粧品やスキンケア商品で取り入れることもオススメですが、

免疫力の高い健康な体のためには食事からも取り入れることが大切です。

しかし、100年前とは異なり現在の地球では、

食物から十分な栄養が摂取できていないと言われています。

同じ土を繰り返し使用したり、土壌汚染による土の栄養不足が要因とされています。

 

50年前の人参と現代の人参100gの摂取で比べても、

取れる栄養価は最大マイナス80%程なんだそうですhun

また熱には弱いため、高温調理だと栄養価が減ってしまいます。

過剰摂取も注意が必要ですが、サプリメントなどでうまく取り入れましょう。

 

ビタミンAを多く含む食べ物

鳥レバー、たまご、うなぎ、ホタルイカ、筋子、緑黄色野菜(にんじん、ほうれん草、かぼちゃ)など。

ビタミンA(レチノール)は、脂溶性のビタミンです。

油に良く溶ける性質を持っているので、油と一緒に摂取すると良いでしょう!

ただし高温調理には気をつけ、サッと料理することがポイントです。

油調理でなくても、牛乳やゴマなど、油分を含む食材と一緒に摂ることも良いですよ

 

ビタミンAのなかでも緑黄色野菜は、

体内に入ってからビタミンAに変換されるベータカロテンが多い食材です。

そのため、過剰摂取による蓄積、過剰症の心配がありません。

先ほども挙げましたが、

にんじん、モロヘイヤ、ほうれん草、春菊、大根の葉などがオススメです。

当院オリジナルサプリメント

「パワベジ+KUWA」にも、ビタミンAはしっかり入っていますよ!!

おススメですheart

ビタミンA,B,E、Cなどたっぷり栄養素が含まれています

 

お問い合わせ ・ ご予約

AAメディカルエステ リジュブ

TEL :03-3585-5330 

お問い合わせはこちら

HP :http://www.medical-rejuve.com/

tiger

 

投稿者: AAメディカルエステティック リジュブ

2016.06.03更新

成長ホルモンは、成長期の人の体内に存在しているホルモンですが、成長と共に減少していきます。

21歳から31歳までの10年間で14パーセントほどの成長ホルモンが低下するといわれていますflower2

 

肥満、筋肉減少、たるみ、不眠、集中力の低下、記憶力の低下、疲労感などの老化のサインは、

成長ホルモンを補う事で改善が期待できます!!

健康に長生きするためには、免疫力を増進したり、ホルモン分泌を高める必要がありますねni

 

成長ホルモンの効果

コレステロール、血糖値の低下、体脂肪の減少、筋肉量の増加、

肌の再生、髪を増やす、視力回復、認知能力の改善、

骨の強化、免疫機能・治癒機能回復、精力増強、主要臓器の再成長

など、幅広い効果があると言われています。

 

成長ホルモンはいつできるのか

ホルモンとは化学伝達物質で、人間のある部分で作られ、各臓器へ働きかけます。

発達、成長、生殖、代謝などあらゆる機能に関わり、ピークは思春期の成長期を言われます

成長ホルモンの分泌は睡眠2~3時間後に生じます。

しっかりと睡眠をとることは大切なのですねglitter

 

成長ホルモンの分泌が良いとどうなるのか

ある研究では、運動しなくても脂肪や体重が減少したり、

活発的な行動ができるようになったり、

アスリートの筋力アップや、低身長の改善などの結果が出ています。

免疫力アップ

成長ホルモンは健康維持に最も効果的で、活力を与えます。

心臓を助ける

総コレステロール、LDL、中性脂肪値が改善

体重減少、体脂肪減少、左心室収縮機能改善などの結果が出ており、

体重変化や心機能改善に良い影響を与えることがわかりますni

体型維持、若返り

脂肪燃焼、筋肉増強などの働きがあるため、

内臓脂肪の減少、筋力アップによる引き締りが実感できます。

お肌の若返り

皮膚のハリ、弾力がよみがえり、シワがへるという結果があります。

コラーゲン増殖も促されるので、皮膚の基盤も強くなります。

ホルモン分泌を促進して、若々しい肌を維持したいですねheart3

 

成長ホルモンの分泌を促進するには・・・

「アミノマックスGH-R」

アンチエイジング、成長ホルモンの分泌を促すサプリメントGH-R

当院オリジナルサプリメントがございます!

L-オルニチン・・・アミノ酸の一種で、成長ホルモンの分泌を促す。耐久力、筋肉疲労低減作用。

酵母・・・抗酸化ミネラル。体の酸化を防ぐ作用。

アカガウクルア・・・強壮作用。若がえりホルモンDHEAの分泌作用。

アルコール分解による二日酔い防止、睡眠の質改善に役立ちます。

 

10歳から18歳までの成長を高める目的、高齢者の方のアンチエイジング目的と、

幅広く適応できるアミノ酸サプリですnico

 お休み前、運動の前後など、1日1~2包を目安にお召し上がり下さい。

 

健康な体で長生きを目指しましょう!!!gya

 

お問い合わせ ・ ご予約

AAメディカルエステ リジュブ

TEL :03-3585-5330 

お問い合わせはこちら

HP :http://www.medical-rejuve.com/

tiger

 

投稿者: AAメディカルエステティック リジュブ

電話番号:03-3585-5330
10:00~19:00(日曜・祝日 定休) 予約・お問い合わせはコチラから/Reservation

PageTop