スタッフBLOG

staff blog

2016.04.15更新

肥満が原因で引き起こる様々な病気リスクから、

体を守りましょう!!

予防するために、日々できることからはじめてみてはいかがでしょうかdire

 肥満を予防するためには!オススメのサプリメント

◎食生活の改善

改善といっても、極端な食事制限は禁物です。

リバウンドや栄養失調、骨粗鬆症などの原因にもなります。

3食しっかり摂りながらカロリーを落としていくことをオススメします。

栄養素を意識して、ビタミン・ミネラル豊富の食材を選びましょう!!

きのこ類、野菜、海藻などは、低エネルギーかつ栄養豊富で、

脂質や糖の吸収を抑える食物繊維もたっぷり含んでいるのでオススメですmeal

合併症などがある場合は、ドクターに相談しましょうabon

 

◎適度に運動をする

体脂肪を燃やすには、腹筋や腕立てなどの筋トレ

ウォーキングなどの有酸素運動がオススメです

いつもより1駅遠くまで歩いてみたり、階段を使うようにしたりと、

日々の生活の中で工夫ができると良いですね!

いつもより「少し歩く」を意識してみましょうni

 

◎レコーディングダイエット

食べものの量が多いなと感じるかたは、ノートに書いてみるのも一つの方法です。

食べているものを記録し、気をつけるだけで食生活を整えることができます

意外と食べている!とビックリされる方が多いそうですよpue

 

◎体重を「ちょうど良く」でコントロールする

肥満は良くありませんし、肥満にならないように注意も必要ですが、

痩せすぎもよくありません。

理想体重の+1キロが長生きするという説もあるそうです。

過度なダイエット、太ることへの恐怖心から拒食症を招いてしまうケースもあります。

色々なダイエット法を入手して、タンパク質ばかり摂取する、炭水化物を摂らない、

野菜しか摂らないなど、極端な食事法をしている方も多いですね・・・

何をどれだけ食べるかというよりも、

体の使い方、動かし方に意識を向けることが大切です!!

 

太りすぎず痩せすぎない健康な体を目標にしましょうihi

食欲を抑える、カロリーカットサプリBBX」、

栄養素を補い、酵素を蓄え血糖値上昇を抑制する「パワベジ+KUWA」、

成長ホルモンの分泌を促進し、筋力アップ体力アップが目指せるアミノマックスGH-R」

1日に必要なビタミンが摂れ、グルコマンナン作用で置き換えダイエットも可能なセルヴァイタル」など、

当院にはサポートできるサプリメントがございますihi

お気軽にご相談下さいませheart

 

お問い合わせ ・ ご予約

AAメディカルエステ リジュブ

TEL :03-3585-5330 

お問い合わせはこちら

HP :http://www.medical-rejuve.com/

tiger

 

投稿者: AAメディカルエステティック リジュブ

2016.04.01更新

最近はスマートフォンやテレビなどを見ている時間が増えている事などが原因で、

人と話す時間が減っています。

脳の活性化、心の健康維持の為には、「話す」ということは大切ですni

 

話すことによって脳の働きが活発になると、

集中力や生産性の向上が期待でき、認知症予防にもつながります!

酸素や栄養素を運ぶ血液の流れが良くなるので、老化予防、認知症予防になるのです。

 

「話す」ということは、脳の中で、

「聞く」「理解」「判断」「組み立て」「動かす」「見る」など、

多くの行為を同時に行うため、脳の広い範囲で働きが活発になりますburn

 

「話す」ことでより脳を活性化するためには・・・

●新しいことや知らないことに出会う

道の事柄に出会うと脳は刺激を受けます。

初めて会う人、初めて聞くもの、知るものなどは脳の活性化につながります。

新しいことを学ぶ、知らない道を歩くことも活性化になります!

●話す言葉を選ぶ

口に出す言葉を選ぶようにしましょう。

思いついた言葉をそのまま口に出すよりも、

状況に応じて適切な言葉かどうかを選んで話すというひと手間を加えたほうが

脳を働かせることにつながりますhand

●前向きな話をする

脳はとてもかしこい半面、勘違いしやすいという面もあります。

他の人に対しての発言でも自分の事として認識し、ネガティブな思考、考え方につながります。

前向きな楽しい会話を意識すると良いですねglitter

 

ワーキングメモリーを鍛えることで活性化

ワーキングメモリーとは、何か作業するときに使っている記憶で、暗算でお金の計算をするとき、

人と話をしているときにも使っている記憶機能です。

許容量が決まっているワーキングメモリー。

衰えないように鍛えていきましょうnote

●計算問題を解く

脳トレの一つである計算もワーキングメモリーのひとつです。

●本、文章を音読する

文章を目で追い、声に出す時、ワーキングメモリーが使われます。

●クイズ、間違い探し

クイズや間違い探しは、問題文や隣の絵を一時的に記憶して解くため、

ワーキングメモリーへの刺激になります。

意識的に鍛える事が大切ですねihi

 

 

認知症予防、脳を活性化させるサプリメント!!!

「フェルラ酸」

フェルラ酸で認知症予防、美白、抗酸化作用が得られます

フェルラ酸は、米ぬかなどから抽出された天然ポリフェノールの一種。

アルツハイマー認知症に有効との論文が数々発表されています。

脳神経保護作用や神経の修復、成長をさせるタンパク質の保護作用などが

ラットの実験で明らかになっています。

メラニン生成抑制(美白)、酸化防止、高血圧予防などの作用もあります。

さらに記憶力、偏頭痛、記憶力を高めるといわれるローズマリーも含まれています。

 

できる事から、脳の活性化を実践しましょうflower2

 

お問い合わせ ・ ご予約

AAメディカルエステ リジュブ

TEL :03-3585-5330 

お問い合わせはこちら

HP :http://www.medical-rejuve.com/

tiger

 

投稿者: AAメディカルエステティック リジュブ

電話番号:03-3585-5330
10:00~19:00(日曜・祝日 定休) 予約・お問い合わせはコチラから/Reservation

PageTop