スタッフBLOG

staff blog

2017.11.17更新

 

 冬に不足しがちな栄養素があるのをご存知ですか?gan

冬型栄養失調とその解決策についてご紹介しますni

体調不良や思わぬ疾患にもつながりかねない冬型の栄養失調に注意しましょう!

 

 冬型栄養失調の特徴

・まぶたや眼の周りがぴくぴく動く

・皮膚の乾燥や肌荒れ

・傷が治りにくい

・末梢神経が過敏になって痛みを感じやすく

・髪の毛がよく抜ける

・口内炎ができやすい

 

 

栄養素によっては、寒さに対応するのに使われてしまい、

いつもと同量摂っていても不足して栄養のバランスが悪くなっているのが原因です。

特に冬型の栄養失調は、心臓や血管、脳に影響を及ぼすことがあるので注意が必要ですshun

 

ビタミンB群が欠乏しやすい傾向に陥ります。

 その他ビタミンC、葉酸、鉄分、必須脂肪酸、マグネシウム、亜鉛、

良質のタンパク質も不足しがちに。。

 

おすすめの食べものは、納豆、うなぎ、まぐろ、牡蠣、レバーです!

亜鉛や、鉄分、ビタミンB6、マグネシウムが多く摂取できますihi

 

また、冬に食べたいお鍋glitter

冬の定番鍋には、こんなものを追加すると良いですよ。

glitter2コラーゲン鍋、もつ鍋glitter2
たっぶりのたんぱく質は、ビタミンCと一緒に摂ることで体内への吸収が高まります。

春菊やねぎなどビタミンCが豊富な野菜と一緒に摂るようにしましょう。

さらに白菜などの食物繊維を多めに摂るとより効果的です。

glitter2水炊きglitter2
鶏肉と野菜を中心にしたヘルシーな水炊きは、タンパク質、ビタミン、

食物繊維が豊富に摂れますが、ミネラルが不足気味です。昆布・わかめを鍋に入れたり、

ヒジキやめかぶを別サラダで摂ったりと、海藻類を摂るようにしましょう。

 

また、冬のおすすめ朝の献立は、

食パンよりも全粒粉や雑穀のはいったものがマグネシウムがしっかりとれます。

ほうれん草のポタージュなんかも良いですね♪

白菜、大根、ほうれん草、小松菜などの冬野菜は、寒さに耐えるため糖分が多く含まれていて、

甘みがあり体を温めるので積極的に摂りたいですね!

 

季節の美味しい食材を取り入れて、冬を乗り切っていきましょうnico

 

 

お問い合わせ ・ ご予約

AAメディカルエステ リジュブ

TEL :03-3585-5330 

お問い合わせはこちら

HP :http://www.medical-rejuve.com/

 monkey

投稿者: AAメディカルエステティック リジュブ

電話番号:03-3585-5330
10:00~19:00(日曜・祝日 定休) 予約・お問い合わせはコチラから/Reservation

PageTop