スタッフBLOG

staff blog

2014.12.10更新

 

 

体は栄養が足りなくならないように食欲を出すように作られていますが、逆に食欲を利用して食べ過ぎを防ぐこともできます ice cream

そもそも食欲とは脳の視床下部にある、空腹時に働く摂食中枢と、満腹時に働く満腹中枢がコントロールして出しているものです。

よく食事量を減らすと胃が小さくなったと言われますが、そうではなく、脳が「少量でも栄養は足りている」と、満腹中枢を刺激するタイミングを変えているせいで

少量でも満腹になるのです。逆にエネルギーが足りないと感じると、摂食中枢が唾液の分泌や消化器官を刺激して、空腹を感じるようになりますfun

 

早く痩せたいからと食事量をいきなり減らしてしまうと、満腹中枢が働かず、結局食べ続けたり、ドカ食いに走ってしまいます汗

食欲をだましてダイエットするなら、食事量を毎日少しづつ減らして栄養が足りていると脳に勘違いさせる事が重要です。

自分の基礎代謝量や日常の運動量に合わせた食事量を意識しましょう。目標体重まで到達したら、その食事量を維持しましょうmeal

また、ゆっくり噛むことにより血糖値が上がって満腹中枢を早く刺激し、少量で満腹になり、食べすぎを防ぐことができます。

更に、食事をすると体が熱くなる食事誘発性体熱生産という反応は、1日の消費エネルギーの約10%を占めると言われています。

よく噛むことで熱生産が大きくなるので、代謝が促進して痩せやすい身体にもつながります。

オススメは1口30回くらい噛むこと、1口食べたら箸をおくこと、柔らかいものばかりでなく噛み応えのあるものを選ぶことですapple

 

お問い合わせ ・ ご予約

AAメディカルエステ リジュブ

TEL :03-3585-5330 

お問い合わせはこちら

HP :http://www.medical-rejuve.com/

 

 

 

投稿者: AAメディカルエステティック リジュブ

電話番号:03-3585-5330
10:00~19:00(日曜・祝日 定休) 予約・お問い合わせはコチラから/Reservation

PageTop