スタッフBLOG

staff blog

2014.12.09更新

 

仕事などで帰りが遅く、夕飯が遅い方も多いのではないでしょうか?寝る3時間前までに食事をとるのがベストですが、食事を摂る時間が無く、

お腹が空いて眠れなかったり、ストレスがたまってしまう方に、夜食べても太りにくい食事のポイントをご紹介しますglitter

 

塩分を抑える料理にする事。

夜の塩分の多い食事は次の日のむくみに繋がります。スパイスや薬味、素材の味を生かして味付けをすれば、調味料を控える事が出来ます。

脂肪になりにくい食材を選ぶ事。

炭水化物と脂質少なめで、野菜多めの食事という事です。野菜は食物繊維が脂肪の吸収を抑えてくれますし、たくさん食べてもカロリーが低いので

満足感もあります。生野菜でも大丈夫ですが、ゆでたりスープに入れたりあたたかい料理にして食べるのがおすすめです。

食材の油を出来るだけ落すような調理方法をする事。

ゆでて脂を落とす、オーブンで余分な油を落としながら焼く、テフロン加工のフライパンを使用するなど、なるべく油を使わずに炒めるなど工夫しましょう。

酵素を多く含む食材を摂る事。

酵素は食べ物の消化や、細胞の活性化、血液サラサラ効果、余計な脂肪を排出する効果など、健康促進やダイエットに欠かせない物質です。

野菜や果物、乳製品、海藻、納豆やキムチなど発酵食品に多く含まれます。酵素は熱に弱いので生で食べるのがおすすめです。

 

夜食だけではなく、なるべく毎回の食事に取り入れたいポイントですが、やはり寝る前の食事は健康やダイエットの鍵を握っているので一番気をつ

けたいです。このような食事に慣れると味覚も繊細になり、良い事ばかりですihi

 

お問い合わせ ・ ご予約

AAメディカルエステ リジュブ

TEL :03-3585-5330 

お問い合わせはこちら

HP :http://www.medical-rejuve.com/

rabbit

 

投稿者: AAメディカルエステティック リジュブ

電話番号:03-3585-5330
10:00~19:00(日曜・祝日 定休) 予約・お問い合わせはコチラから/Reservation

PageTop